夏の季語

【夏の季語】滝

【夏の季語=初夏〜晩夏(5月〜7月)】滝

【ミニ解説】

滝(瀧)とは、河川や湖の一部が段差になっているため、水が落下している場所のこと。

森のなかで出くわす滝は、涼しげである。

さりとて「滝」が夏の季語として流通するようになったのは、近代以後のこと。

1930(昭和5)年に高浜虚子選で募集した「日本新名勝俳句」(当時の大阪毎日新聞社と東京日日新聞社の共催)といったイベントなどが、その普及に一役買った。

「春の滝」や「秋の滝」はあまり用いられないが、「冬の滝」「冬滝」は、冬の季語としてよく用いられる。

「瀧」は旧字である。


【滝(上五)】
瀧の上に水現れて落ちにけり 後藤夜半
滝落ちて群青世界とゞろけり 水原秋櫻子
滝落したり落したり落したり 清崎敏郎
滝といふ水の塊落ちに落つ 鷹羽狩行
滝が落つ金槌ならむまぎれ落つ 竹中宏
滝の前だんだんわれの居なくなる 奥坂まや
滝おちてこの世のものとなりにけり 曾根毅

【滝(中七)】
家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
今生を滝と生まれて落つるかな 岩岡中正
この星のまはること滝落つること 対中いずみ
未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢
妹は滝の扉を恣 小山玄紀

【滝(下五)】
神にませばまこと美はし那智の滝 高濱虚子
めつむれば炎の見ゆる滝浄土 角川春樹
みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井
透明になるまで冷えて滝の前 上田貴美子
言霊の力を信じ滝仰ぐ 杉田菜穂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】白魚
  2. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  3. 【春の季語】鴨引く
  4. 【冬の季語】日記買う
  5. 【夏の季語】夏の蝶
  6. 【冬の季語】冬河原(冬川原)
  7. 【冬の季語】冬林檎
  8. 【冬の季語】寒し

おすすめ記事

  1. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  2. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  4. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  5. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  6. 【冬の季語】鬼やらい
  7. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  9. 【冬の季語】枯野
  10. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  2. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  3. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  4. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  5. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  6. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  7. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  8. 【秋の季語】秋薔薇
  9. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  10. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
PAGE TOP