夏の季語

【夏の季語】滝

【夏の季語=初夏〜晩夏(5月〜7月)】滝

【ミニ解説】

滝(瀧)とは、河川や湖の一部が段差になっているため、水が落下している場所のこと。

森のなかで出くわす滝は、涼しげである。

さりとて「滝」が夏の季語として流通するようになったのは、近代以後のこと。

1930(昭和5)年に高浜虚子選で募集した「日本新名勝俳句」(当時の大阪毎日新聞社と東京日日新聞社の共催)といったイベントなどが、その普及に一役買った。

「春の滝」や「秋の滝」はあまり用いられないが、「冬の滝」「冬滝」は、冬の季語としてよく用いられる。

「瀧」は旧字である。


【滝(上五)】
瀧の上に水現れて落ちにけり 後藤夜半
滝落ちて群青世界とゞろけり 水原秋櫻子
滝落したり落したり落したり 清崎敏郎
滝といふ水の塊落ちに落つ 鷹羽狩行
滝が落つ金槌ならむまぎれ落つ 竹中宏
滝の前だんだんわれの居なくなる 奥坂まや
滝おちてこの世のものとなりにけり 曾根毅

【滝(中七)】
家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
今生を滝と生まれて落つるかな 岩岡中正
この星のまはること滝落つること 対中いずみ
未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢
妹は滝の扉を恣 小山玄紀

【滝(下五)】
神にませばまこと美はし那智の滝 高濱虚子
めつむれば炎の見ゆる滝浄土 角川春樹
みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井
透明になるまで冷えて滝の前 上田貴美子
言霊の力を信じ滝仰ぐ 杉田菜穂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】朧
  2. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  3. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  4. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  5. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  6. 【冬の季語】枯蓮
  7. 【冬の季語】火事
  8. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】風花
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  3. 【新年の季語】嫁が君
  4. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  6. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  7. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  8. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  9. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  10. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

Pickup記事

  1. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  2. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  3. 【夏の季語】紫陽花
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  6. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  7. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  8. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  9. 【夏の季語】水中花/酒中花
  10. 【冬の季語】凍蝶
PAGE TOP