夏の季語

【夏の季語】百合

【夏の季語=仲夏(6月)】百合

夏になると、ラッパ形の香り高い花を咲かせる花。仏花にも使われる。

「牡丹百合」は「チューリップ」の別称で春の季語。「稚児百合」もまた、春の季語。

その香り高さから、ヨーロッパでは、純粋で豊かな結婚と子孫繁栄を願う象徴として使われてきた。中世になると、純粋さや豊穣を表わすだけでなく、「聖母マリア」、「フランス王国」、「死」を表すのにも使われてきた。


【百合(上五)】
百合の花超然として低からず 高屋窓秋
百合の香と小過去吾を眠らせず  相馬遷子
百合の前ひろびろとしてぬかるめり 波多野爽波
百合剪つてくれし少年尼僧めく 中村苑子
百合一輪フェンスに茎と隔たれて 花谷 清
姥百合の揺れて真昼の生欠伸  八田夕刈

【百合(中七)】
開くかな百合は涙を拭いてから 折笠美秋
日蝕の白百合が喉みせている  澁谷道
病む夜の百合の重さを一人吸う 対馬康子
ぐつたりと百合ありテレビより歓声  奥坂まや
錯乱といふもの百合の花の底  西原天気

【百合(下五)】
攀づるとき吾子と息あふ深山百合  能村登四郎
双腕はさびしき岬百合を抱く 正木ゆう子
自らの蘂に汚れて百合ひらく  藺草慶子
不自然な川不自然な小鬼百合  橋本直
地下街の浅き深きを百合の花  岡田由季

【ほかの季語と】
蜘蛛の糸一筋よぎる百合の前  高野素十
巨き百合なり冷房の中心に  西東三鬼
海百合のかひなの永し冬の戀  恩田侑布子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】初旅
  2. 【秋の季語】白式部
  3. 【秋の季語】鵙の贄
  4. 【春の季語】月朧
  5. 【冬の季語】大寒
  6. 【春の季語】針供養
  7. 【冬の季語】古暦
  8. 【冬の季語】冬の川

おすすめ記事

  1. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
  2. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  3. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  4. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  5. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  7. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  8. 【秋の季語】秋気
  9. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  10. 【夏の季語】花火

Pickup記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  3. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  4. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  5. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  6. 【春の季語】卒業
  7. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  8. 【冬の季語】春を待つ
  9. 【冬の季語】縄跳
  10. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
PAGE TOP