夏の季語

【夏の季語】百合

【夏の季語=仲夏(6月)】百合

夏になると、ラッパ形の香り高い花を咲かせる花。仏花にも使われる。

「牡丹百合」は「チューリップ」の別称で春の季語。「稚児百合」もまた、春の季語。

その香り高さから、ヨーロッパでは、純粋で豊かな結婚と子孫繁栄を願う象徴として使われてきた。中世になると、純粋さや豊穣を表わすだけでなく、「聖母マリア」、「フランス王国」、「死」を表すのにも使われてきた。


【百合(上五)】
百合の花超然として低からず 高屋窓秋
百合の香と小過去吾を眠らせず  相馬遷子
百合の前ひろびろとしてぬかるめり 波多野爽波
百合剪つてくれし少年尼僧めく 中村苑子
百合一輪フェンスに茎と隔たれて 花谷 清
姥百合の揺れて真昼の生欠伸  八田夕刈

【百合(中七)】
開くかな百合は涙を拭いてから 折笠美秋
日蝕の白百合が喉みせている  澁谷道
病む夜の百合の重さを一人吸う 対馬康子
ぐつたりと百合ありテレビより歓声  奥坂まや
錯乱といふもの百合の花の底  西原天気

【百合(下五)】
攀づるとき吾子と息あふ深山百合  能村登四郎
双腕はさびしき岬百合を抱く 正木ゆう子
自らの蘂に汚れて百合ひらく  藺草慶子
不自然な川不自然な小鬼百合  橋本直
地下街の浅き深きを百合の花  岡田由季

【ほかの季語と】
蜘蛛の糸一筋よぎる百合の前  高野素十
巨き百合なり冷房の中心に  西東三鬼
海百合のかひなの永し冬の戀  恩田侑布子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  3. 【冬の季語】雪折
  4. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  5. 【冬の季語】炬燵
  6. 【冬の季語】冬の川
  7. 【冬の季語】一月
  8. 【夏の季語】滝

おすすめ記事

  1. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  2. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  3. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  5. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  6. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  7. 【新年の季語】人の日
  8. 【冬の季語】小六月
  9. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  10. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】

Pickup記事

  1. 【#21】中国大連の猫
  2. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  3. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  4. 【冬の季語】南天の実
  5. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  6. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  9. 【秋の季語】秋の蛇
  10. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
PAGE TOP