季語・歳時記

【新年の季語】七種(七草)【節句】

新年の季語(1月)】七種(七草)【節句】

近年は「春の七種」の省略形としても用いられるが、もともとは正月「七日」の節句のこと。

「五節句」は、1月7日の「人日」、3月3日の「上巳」、5月5日の「端午」、7月7日の「七夕」、9月9日の「重陽」。 1月1日の元旦は別格とされ、1月7日が節句に取り入れられています。

この日には、朝に「春の七種」(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った「七種粥」を作り、ようやく芽吹いた春の七草の「気」をいただき、その一年の無病息災を願って食べます。冬に不足しがちなビタミンCを補い、また祝い酒で弱った胃を休めるためとも。

常用の「七草」という字を当てることも多いが、「七種」とすることも多い。

子規の若い頃の著作に『七草集』(1888-1889に執筆)がある。


【七種(七草)(上五)】
七草の朝を濡れゐて柿の枝 波多野爽波
七種を過ぎたる加賀に遊びけり 深見けん二
七種を祝ふ一人の膳につく 稲畑汀子
七草や空うつくしき飛騨の国 遠藤若狭男

【七種(七草)(中七)】
川見つつゆくななくさの雨の中 岡本眸
波の上に七草の雨のこりけり 大峯あきら

【七種(七草)(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【毛の俳句】
  2. 【冬の季語】短日
  3. 【春の季語】梅二月
  4. 【春の季語】春塵
  5. 【春の季語】鳥の妻恋
  6. 【新年の季語】春七種(春七草)
  7. 【春の季語】鴨帰る
  8. 【冬の季語】冬河原(冬川原)

おすすめ記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】
  3. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  4. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  5. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  6. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  7. 【春の季語】卒業す
  8. 【#33】台北市の迪化街
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  10. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  2. 【夏の季語】葛切
  3. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  6. 【春の季語】海市
  7. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  8. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  10. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
PAGE TOP