季語・歳時記

【秋の季語】銀漢

【秋の季語(初秋=8月)】銀漢

【ミニ解説】

「天の川」のこと。

かつて神保町には、七夕生まれの俳人・伊藤伊那男が経営する飲み屋「銀漢亭」がありました。


【銀漢(上五)】
銀漢の奥のさみしき人通り 鳴戸奈菜
銀漢や合はせ鏡のやうな路地 天野小石
銀漢や兄弟多き曲馬団 日原傳
銀漢や三つの国の銀貨持ち 中田尚子
銀漢の遥か手前でバスを降り 望月周
銀漢はびしょ濡れのまま街の上 月野ぽぽな
銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹

【銀漢(中七)】
妻と寝て銀漢の尾に父母います 鷹羽狩行
一声を発し銀漢跳び越える 近恵

【銀漢(下五)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマス
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【春の季語】杉の花
  4. 【冬の季語】豆撒
  5. 【冬の季語】探梅行
  6. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  7. 【秋の季語】芋虫
  8. 【毛の俳句】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】茸(菌)
  2. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  3. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  4. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  5. 【秋の季語】末枯る
  6. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  7. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  9. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  10. 【春の季語】鷹鳩と化す

Pickup記事

  1. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  3. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  4. 【冬の季語】寒の内
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  6. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  7. 【春の季語】沈丁花
  8. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  10. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
PAGE TOP