季語・歳時記

【秋の季語】銀漢

【秋の季語(初秋=8月)】銀漢

【ミニ解説】

「天の川」のこと。

かつて神保町には、七夕生まれの俳人・伊藤伊那男が経営する飲み屋「銀漢亭」がありました。


【銀漢(上五)】
銀漢の奥のさみしき人通り 鳴戸奈菜
銀漢や合はせ鏡のやうな路地 天野小石
銀漢や兄弟多き曲馬団 日原傳
銀漢や三つの国の銀貨持ち 中田尚子
銀漢の遥か手前でバスを降り 望月周
銀漢はびしょ濡れのまま街の上 月野ぽぽな
銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹

【銀漢(中七)】
妻と寝て銀漢の尾に父母います 鷹羽狩行
一声を発し銀漢跳び越える 近恵

【銀漢(下五)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】蕎麦の花
  2. 【冬の季語】水鳥
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 【新年の季語】三が日
  5. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  6. 【冬の季語】毛糸玉
  7. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  8. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)

おすすめ記事

  1. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  3. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  4. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  5. 【夏の季語】夏木立
  6. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  7. 【#39】炎暑の猫たち
  8. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  9. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  10. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり

Pickup記事

  1. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  2. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  3. 【秋の季語】秋彼岸
  4. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
  5. 【冬の季語】日向ぼっこ
  6. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  7. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  8. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  9. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  10. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
PAGE TOP