冬の季語

【冬の季語】冬帽子

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】冬帽子

ニット地やコーデュロイなど、保温性の高い帽子。「冬帽」とも。


【冬帽子(上五)】
冬帽子目深に今日も町へ出づ 深見けん二
冬帽子かむりて勝負つきにけり 大串章
冬帽子試してどれも似合はざる 井出野浩貴

【冬帽子(中七)】

【冬帽子(下五)】
癆咳の頬美しや冬帽子 芥川龍之介
震災の難民めきぬ冬帽子 千原草之
鳥羽に来てやうやうなじむ冬帽子 伊藤白潮
失ひしものを探しに冬帽子 有馬朗人
ある日彼どつと老い増す冬帽子 黒田杏子
団塊の世代はいつも冬帽子  大竹多可志
姿見を抜けて真白き冬帽子 環順子
大阪に慣れて淋しき冬帽子 西村和子
東京の端に遊びて冬帽子 小熊礼子
遊ぶ子にはなれて母の冬帽子 片山由美子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋思
  2. 【新年の季語】初夢
  3. 【新年の季語】餅花
  4. 【秋の季語】蛇穴に入る
  5. 【春の季語】梅二月
  6. 【秋の季語】小鳥来る
  7. 【夏の季語】夜の秋
  8. 【夏の季語】蝸牛

おすすめ記事

  1. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  4. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  5. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  6. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  7. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  9. 【春の季語】沈丁花
  10. 【#21】中国大連の猫

Pickup記事

  1. 【新年の季語】初句会
  2. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  3. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  4. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  6. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  7. 【春の季語】春塵
  8. 【秋の季語】野菊
  9. 【春の季語】永き日
  10. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
PAGE TOP