季語・歳時記

【春の季語】黄水仙

【春の季語=初春(2月)】黄水仙

ヒガンバナ科の多年草。

南ヨーロッパ原産で、江戸時代に渡来して観賞植物として栽培される。

白い花を咲かせる「水仙」は、晩冬の季語とされる。


【黄水仙(上五)】
黄水仙ふつうの人が見て通る 川名将義

【黄水仙(中七)】
ハンマー投げ一瞬の黄水仙なり 宮崎斗士

【黄水仙(下五)】
横浜の方に在る日や黄水仙 三橋敏雄
肝油噛みし頃が初恋黄水仙 守屋明俊
自転車はざざと止まりぬ黄水仙 阪西敦子
力石七つ並びて黄水仙 杉原祐之
うつむいてをれば楽なり黄水仙 松本てふこ
みな同じ雲を見てゐる黄水仙 抜井諒一


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】額の花
  2. 【春の季語】沈丁花
  3. 【夏の季語】草いきれ
  4. 【春の季語】雨水
  5. 【春の季語】鷹鳩と化す
  6. 【冬の季語】雪達磨
  7. 【冬の季語】悴む
  8. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日

おすすめ記事

  1. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  3. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  4. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  5. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  6. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  7. 【春の季語】桜蘂降る
  8. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  10. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  4. 【秋の季語】秋思
  5. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  6. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  8. 【春の季語】子猫
  9. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  10. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
PAGE TOP