冬の季語

【冬の季語】水仙

【冬の季語=晩冬(1月)】水仙

黄色い花を咲かせる「黄水仙」は春の季語とする。冬の季語としての「水仙」は、白い。

和名スイセンという名は、中国での呼び名「水仙」を音読みしたもの。中国で名付けられた漢名の「水仙」は、「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来する。水辺に育ち、仙人のように寿命が長く、清らかなという意味から名付けられたとされる。

「喇叭水仙」も春の季語。


【水仙(上五)】
水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし
水仙やしーんとじんるいを悼み 永末恵子
水仙の花の震へを聞き取れず 古屋宏子
水仙を境界として棲みにけり 岩淵喜代子
水仙の小さなかほの犇めきぬ 石田郷子
水仙や男をまたぎ水飲みに 小林貴子

【水仙(中七)】
蛇崩れの坂を水仙負ひ下る 友岡子郷
吹かるるは水仙そして土星の環 佐怒賀正美
距離おくといふこと水仙を隔て 藤井あかり

【水仙(下五)】
明るさは海よりのもの野水仙 稲畑汀子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  2. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  3. 【冬の季語】火事
  4. 【春の季語】惜春
  5. 【春の季語】紅梅
  6. 【冬の季語】年惜む
  7. 【冬の季語】寒
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】初句会
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  3. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  4. 【#17】黒色の響き
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  6. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  7. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  8. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター
  10. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  2. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  3. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  4. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  5. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  6. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  7. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  8. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  9. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  10. 【春の季語】鶯
PAGE TOP