冬の季語

【冬の季語】水仙

【冬の季語=晩冬(1月)】水仙

黄色い花を咲かせる「黄水仙」は春の季語とする。冬の季語としての「水仙」は、白い。

和名スイセンという名は、中国での呼び名「水仙」を音読みしたもの。中国で名付けられた漢名の「水仙」は、「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来する。水辺に育ち、仙人のように寿命が長く、清らかなという意味から名付けられたとされる。

「喇叭水仙」も春の季語。


【水仙(上五)】
水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし
水仙やしーんとじんるいを悼み 永末恵子
水仙の花の震へを聞き取れず 古屋宏子
水仙を境界として棲みにけり 岩淵喜代子
水仙の小さなかほの犇めきぬ 石田郷子
水仙や男をまたぎ水飲みに 小林貴子

【水仙(中七)】
蛇崩れの坂を水仙負ひ下る 友岡子郷
吹かるるは水仙そして土星の環 佐怒賀正美
距離おくといふこと水仙を隔て 藤井あかり

【水仙(下五)】
明るさは海よりのもの野水仙 稲畑汀子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】豆撒
  2. 【冬の季語】枯蓮
  3. 【冬の季語】炬燵
  4. 【秋の季語】渡り鳥
  5. 【新年の季語】成人の日
  6. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  7. 【春の季語】黄水仙
  8. 【冬の季語】枯木立

おすすめ記事

  1. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  2. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  3. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  5. 【冬の季語】春を待つ
  6. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  7. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  8. 【夏の季語】薔薇
  9. 【秋の季語】秋の風
  10. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  2. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  3. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  4. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  5. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  6. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  7. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  9. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  10. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
PAGE TOP