冬の季語

【冬の季語】枯木立

【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯木立

枝をあらわにした「枯木」が群立していることを指す。

たとえば、こんな感じ。

単に「冬木立」というよりも寒々しさがある。


【枯木立(上五)】
枯木立月光棒のごときかな 川端茅舎
枯木立我と影とが重なりぬ 斎藤夏風
枯木立光の方へ歩きなさい 藺草慶子

【枯木立(中七)】

【枯木立(下五)】
三井寺や狂女もあらず枯木立 高浜虚子
この後は桂郎忌てふ枯木立 斎藤玄
神様も鳥も素足や枯木立 栗林千津
星入れて人に親しき枯木立 奥田紀子
シャッターの音の眩しさ枯木立 堀下翔


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  2. 【冬の季語】探梅
  3. 【夏の季語】桐の花
  4. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  5. 【春の季語】浜下り
  6. 【春の季語】芹
  7. 【春の季語】猫の恋
  8. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月

おすすめ記事

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  2. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  3. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  4. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  5. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  6. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  7. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  8. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  9. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  10. コンゲツノハイク(結社推薦句)【5月31日締切】

Pickup記事

  1. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  2. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  3. 【春の季語】椿寿忌
  4. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  6. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  7. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  8. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  9. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  10. 【秋の季語】穴惑
PAGE TOP