季語・歳時記

【春の季語】啄木忌

【春の季語=晩春(4月)】啄木忌

【ミニ解説】

石川啄木の忌日「啄木忌」は春の季語。

1912(明治45)年、不遇と貧困のうちに二十七歳の若さで病没した。


【啄木忌(上五)】
啄木忌いくたび職をかへてもや 安住敦

【啄木忌(中七)】

【啄木忌(下五)】
靴裏に都会は固し啄木忌 秋元不死男
あくびしていでし泪や啄木忌 木下夕爾
便所から青空見えて啄木忌 寺山修司
物書くは巣籠るに似て啄木忌 鷹羽狩行
トーストになんにもつけず啄木忌 西山ゆりこ



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】火事
  2. 【秋の季語】秋山
  3. 【冬の季語】おでん
  4. 【冬の季語】冬の水
  5. 【春の季語】うらら
  6. 【夏の季語】母の日
  7. 【春の季語】素魚
  8. 【春の季語】雲雀

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋高し
  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  3. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  7. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】
  8. 【夏の季語】夏の蝶
  9. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  10. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

Pickup記事

  1. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  2. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  3. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】
  4. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  5. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  6. 【夏の季語】出梅
  7. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  8. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  9. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
PAGE TOP