夏の季語

【夏の季語】夏の月

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】夏の月

俳句では「」が秋の季語であるため、夏に見える月は「夏の月」と呼び分ける。

三夏に分類されてはいるが、まだ気温の高い夏の夜にあがる月に「涼しさ」を感じるというのが本意ではある。そのため「月涼し」ともいう。

芭蕉の句では〈蛸壺やはかなき夢を夏の月〉が有名。

梅雨」の時期に見える雨雲から顔出すような月は、「梅雨の月」と呼び分ける。


【夏の月(上五)】
夏の月いま上りたるばかりかな 久保田万太郎
夏の月美しきものそれは心 稲畑汀子
夏の月ロールキャベツに白き帯 山口昭男
夏の月ムンクの叫びうしろより 阿部宗一郎

【夏の月(中七)】

【夏の月(下五)】
河童の恋する宿や夏の月 与謝蕪村
家は皆海に向ひて夏の月 正岡子規
町々に馬市立つや夏の月 永井荷風
なほ北に行く汽車とまり夏の月 中村汀女
天皇の白髪にこそ夏の月  宇多喜代子
馬の死にでけでけでけと夏の月 攝津幸彦
木をのぼる水こそ清し夏の月 正木ゆう子
いつまでも咎めるごとく夏の月 小田島渚
父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】日傘
  2. 【春の季語】春泥
  3. 【冬の季語】兎狩
  4. 【春の季語】芹
  5. 【冬の季語】蒲団(布団)
  6. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  7. 【秋の季語】檸檬
  8. 【新年の季語】元日

おすすめ記事

  1. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  2. 嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧【季語=鳥曇(春)】
  3. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  5. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  6. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  7. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  8. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  9. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  10. 【春の季語】春泥

Pickup記事

  1. 【夏の季語】薔薇
  2. 【新年の季語】松納
  3. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  5. 【秋の季語】末枯
  6. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  8. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  9. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  10. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
PAGE TOP