夏の季語

【夏の季語】夏の月

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】夏の月

俳句では「」が秋の季語であるため、夏に見える月は「夏の月」と呼び分ける。

三夏に分類されてはいるが、まだ気温の高い夏の夜にあがる月に「涼しさ」を感じるというのが本意ではある。そのため「月涼し」ともいう。

芭蕉の句では〈蛸壺やはかなき夢を夏の月〉が有名。

梅雨」の時期に見える雨雲から顔出すような月は、「梅雨の月」と呼び分ける。


【夏の月(上五)】
夏の月いま上りたるばかりかな 久保田万太郎
夏の月美しきものそれは心 稲畑汀子
夏の月ロールキャベツに白き帯 山口昭男
夏の月ムンクの叫びうしろより 阿部宗一郎

【夏の月(中七)】

【夏の月(下五)】
河童の恋する宿や夏の月 与謝蕪村
家は皆海に向ひて夏の月 正岡子規
町々に馬市立つや夏の月 永井荷風
なほ北に行く汽車とまり夏の月 中村汀女
天皇の白髪にこそ夏の月  宇多喜代子
馬の死にでけでけでけと夏の月 攝津幸彦
木をのぼる水こそ清し夏の月 正木ゆう子
いつまでも咎めるごとく夏の月 小田島渚
父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬帽
  2. 【春の季語】月朧
  3. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  4. 【新年の季語】二日
  5. 【春の季語】春時雨
  6. 【春の季語】春寒し
  7. 【新年の季語】七種(七草)
  8. 【春の季語】蝶生る

おすすめ記事

  1. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  3. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  4. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  5. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  7. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  10. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】鴨引く
  2. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  3. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  4. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  5. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  7. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  9. 【冬の季語】手袋
  10. 【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果
PAGE TOP