夏の季語

【夏の季語】月涼し

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】月涼し

まだ気温の高い夏の夜にあがる月に「涼しさ」を感じること。またはそのような「夏の月」のこと。


【月涼し(上五)】
月涼し蝶も四条へ小買物 川端茅舎
月涼し風船かづらふやしては 宇野恭子
月涼し配管老いし雑居ビル 小川軽舟
月涼し死に行く父と死の話 近江満理子
人声は月に届かず月涼し  村上鞆彦
月涼し家に寝息のあるごとし 藤本夕衣

【月涼し(中七)】

【月涼し(下五)】
病む母に少女の眠り月涼し 伊藤幹哲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  2. 【秋の季語】九月
  3. 【冬の季語】日向ぼっこ
  4. 【秋の季語】後の月
  5. 【夏の季語】涼しさ
  6. 【春の季語】春泥
  7. 【夏の季語】クーラー
  8. 【冬の季語】冬野

おすすめ記事

  1. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  2. 【冬の季語】風花
  3. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  6. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  7. 【春の季語】蝶
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  9. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】
  10. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

Pickup記事

  1. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  3. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  4. 【春の季語】初蝶
  5. 【春の季語】春菊
  6. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  7. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  8. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  9. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  10. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
PAGE TOP