夏の季語

【夏の季語】月涼し

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】月涼し

まだ気温の高い夏の夜にあがる月に「涼しさ」を感じること。またはそのような「夏の月」のこと。


【月涼し(上五)】
月涼し蝶も四条へ小買物 川端茅舎
月涼し風船かづらふやしては 宇野恭子
月涼し配管老いし雑居ビル 小川軽舟
月涼し死に行く父と死の話 近江満理子
人声は月に届かず月涼し  村上鞆彦
月涼し家に寝息のあるごとし 藤本夕衣

【月涼し(中七)】

【月涼し(下五)】
病む母に少女の眠り月涼し 伊藤幹哲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】玉虫
  2. 【春の季語】春の灯
  3. 【春の季語】猫の子
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  5. 【冬の季語】聖夜劇
  6. 【夏の季語】冷房
  7. 【冬の季語】梅探る
  8. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌

おすすめ記事

  1. 【春の季語】素魚
  2. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  3. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  4. 【冬の季語】冬の水
  5. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  6. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  7. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  9. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  10. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

Pickup記事

  1. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  3. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  4. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  5. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  6. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  7. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  8. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  9. コンゲツノハイク(結社推薦句)【3月5日締切】
  10. 【冬の季語】鬼やらう
PAGE TOP