夏の季語

【夏の季語】梅雨の月

【夏の季語=仲夏(6月)】梅雨の月

梅雨」の時期に見える月のこと。

〈春の月ありしところに梅雨の月 高野素十〉が何とゆっても有名か。


【梅雨の月(上五)】
梅雨の月べつとりとある村の情 飯田龍太
梅雨の月入笠山に見て赤し 相馬遷子
梅雨の月傘をさす人ささぬ人 川崎展宏
梅雨の月あした切らるゝ胸の上に 井上花鳥子
梅雨の月進む如しや風の雲 岩田由美
梅雨の月子はさりさりと菓子を食み 田口茉於

【梅雨の月(中七)】
中空に梅雨の月とはいへず澄み 深見けん二

【梅雨の月(下五)】
首飾りはづすまはひや梅雨の月 秦 夕美


木天蓼の葉の白みゆく梅雨の月 片山由美子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】八手咲く
  2. 【春の季語】菜の花
  3. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  4. 【冬の季語】煤逃
  5. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  6. 【冬の季語】水洟
  7. 【夏の季語】梅雨入
  8. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売

おすすめ記事

  1. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  4. 【冬の季語】数え日
  5. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  6. 【冬の季語】雪降る
  7. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
  8. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  10. 【新年の季語】どんど焼

Pickup記事

  1. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  4. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  5. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  7. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  8. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  9. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  10. 【秋の季語】秋の空
PAGE TOP