夏の季語

【夏の季語】梅雨の月

【夏の季語=仲夏(6月)】梅雨の月

梅雨」の時期に見える月のこと。

〈春の月ありしところに梅雨の月 高野素十〉が何とゆっても有名か。


【梅雨の月(上五)】
梅雨の月べつとりとある村の情 飯田龍太
梅雨の月入笠山に見て赤し 相馬遷子
梅雨の月傘をさす人ささぬ人 川崎展宏
梅雨の月あした切らるゝ胸の上に 井上花鳥子
梅雨の月進む如しや風の雲 岩田由美
梅雨の月子はさりさりと菓子を食み 田口茉於

【梅雨の月(中七)】
中空に梅雨の月とはいへず澄み 深見けん二

【梅雨の月(下五)】
首飾りはづすまはひや梅雨の月 秦 夕美


木天蓼の葉の白みゆく梅雨の月 片山由美子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蛇穴を出る
  2. 【春の季語】春の夜
  3. 【春の季語】夜桜
  4. 【秋の季語】白式部
  5. 【冬の季語】日記買う
  6. 【冬の季語】枯木
  7. 【冬の季語】寒晴
  8. 【春の季語】恋猫

おすすめ記事

  1. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  2. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  4. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  5. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  6. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  7. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  8. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  9. 【冬の季語】小寒
  10. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】

Pickup記事

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  2. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  3. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  5. 【春の季語】初東風
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  7. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  8. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  9. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  10. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
PAGE TOP