季語・歳時記

【春の季語】雨水

【春の季語=初春(2月)】雨水

立春」を1番目とする二十四節気における2番目の時期。「うすい」と読む。

現在広まっている定気法では太陽黄経が330度のときで、新暦だと2月18日、19日ごろである。期間としては、期間としては、この日から、次の節気の「啓蟄」前日までを指す。

空から降るものが「」から「」に変わり、「雪解」がはじまるころ。「春一番」も待ち遠しい。

西洋占星術では「雨水」が、「うお座」(双魚宮)の始まりとなる。


【雨水(上五)】

【雨水(中七)】
地をおほふ靄に雨水の日の夕べ 井沢正江

【雨水(下五)】
夕空に晴れ間の見えし雨水かな 今井杏太郎
書道部が墨擦つてゐる雨水かな 大串 章
藻を焼いて浜の煙れる雨水かな 棚山波朗
みづうみの水のほぐるる雨水かな 小林典子
北国の嶺に雪ふる雨水かな 角川春樹
並びゐる土器の耳立つ雨水かな 上田日差子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蓮枯る
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 【冬の季語】冬至
  4. 【冬の季語】時雨
  5. 【新年の季語】俎始
  6. 【冬の季語】裸木
  7. 【冬の季語】短日
  8. 【春の季語】春風

おすすめ記事

  1. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  2. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  3. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  4. 【夏の季語】花火
  5. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  6. 【秋の季語】赤い羽根
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  8. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  9. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  10. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

Pickup記事

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  2. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  3. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  4. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  5. 【夏の季語】サングラス
  6. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  7. 【夏の季語】金魚
  8. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  9. 【新年の季語】三が日
  10. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
PAGE TOP