季語・歳時記

【春の季語】雨水

【春の季語=初春(2月)】雨水

立春」を1番目とする二十四節気における2番目の時期。「うすい」と読む。

現在広まっている定気法では太陽黄経が330度のときで、新暦だと2月18日、19日ごろである。期間としては、期間としては、この日から、次の節気の「啓蟄」前日までを指す。

空から降るものが「」から「」に変わり、「雪解」がはじまるころ。「春一番」も待ち遠しい。

西洋占星術では「雨水」が、「うお座」(双魚宮)の始まりとなる。


【雨水(上五)】

【雨水(中七)】
地をおほふ靄に雨水の日の夕べ 井沢正江

【雨水(下五)】
夕空に晴れ間の見えし雨水かな 今井杏太郎
書道部が墨擦つてゐる雨水かな 大串 章
藻を焼いて浜の煙れる雨水かな 棚山波朗
みづうみの水のほぐるる雨水かな 小林典子
北国の嶺に雪ふる雨水かな 角川春樹
並びゐる土器の耳立つ雨水かな 上田日差子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】霧
  2. 【冬の季語】炬燵
  3. 【春の季語】子猫
  4. 【冬の季語】鬼やらう
  5. 【冬の季語】春を待つ
  6. 【秋の季語】秋暑し
  7. 【冬の季語】室咲
  8. 【春の季語】石鹸玉

おすすめ記事

  1. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  2. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  3. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  5. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  6. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  7. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  8. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  9. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  10. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蝙蝠
  2. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  3. 【春の季語】三椏の花
  4. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  5. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】
  6. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  8. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  9. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  10. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】
PAGE TOP