季語・歳時記

【秋の季語】台風(颱風)

【秋の季語=仲秋(9月)】台風(颱風)

秋口になると、列島の西側の海に発生する熱帯低気圧が原因となって、時折雷雨を伴う、とてつもなく強い風が吹く。気象学的には、最大風速が約毎秒十七メートル以上のものを「台風」と呼ぶ。

このような現象は「野分」と呼ばれており、源氏物語や枕草子にも登場する。源氏において「野分」は五十四帖の巻名のひとつ。光源氏36歳の秋のころのエピソード。〈けざやかにめでたき人ぞ在いましたる野分が開あくる絵巻のおくに〉は、源氏の現代語訳を行った与謝野晶子による一首。

明治期になって英語のtyphoonは、片仮名でタイフーンと書かれることもあれば、「大風」と書かれることもあったが、岡田武松が1907年に台風を学術的に定義したことを受け、大正期からは「颱風」が一般化した。

漢字の話をすると、「颱風」を簡略的な字で置き換えたものが「台風」であるが、「颱」という漢字じたいが、 typhoonの頭文字 ty を音訳したものであり、一文字ですでに「台風」をあらわす形声文字である。


【台風(上五)】
颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門
台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦
颱風が逸れてなんだか蒸し御飯 池田澄子
台風圏四角くたたむ明日の服 柏柳明子
台風の目の只中で愛しあふ 堀切克洋

【台風(中七)】
梯子あり颱風の目の青空へ 西東三鬼
包丁を研ぎ台風を待ちゐたり 座間游
放課後の暗さ台風来つつあり 森田峠
酒さかな揃へ台風待つとせる 川名将義

【台風(下五)】
めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  2. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  3. 【冬の季語】息白し
  4. 【冬の季語】冬に入る
  5. 【夏の季語】鮎
  6. 【冬の季語】冬薔薇
  7. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  8. 【春の季語】菜の花

おすすめ記事

  1. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  3. 【冬の季語】漱石忌
  4. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  5. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  6. 【春の季語】白椿
  7. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  8. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  9. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  10. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)

Pickup記事

  1. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  2. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
  3. 【夏の季語】紫陽花
  4. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  5. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】
  6. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  7. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】
  8. 【新年の季語】松飾る
  9. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  10. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
PAGE TOP