冬の季語

【冬の季語】凩(木枯)

【冬の季語=初冬(11月)】凩(木枯)

【ミニ解説】

晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの強い風。

「北風」や「寒風」よりも時期的な限定性が強く、また「木を枯らす」という具体的なイメージがややまとわりつく。

有名な句は何といっても、

海に出て木枯帰るところなし 山口誓子

でしょうかね。


【凩(上五)】
凩の吹き荒るる中の午砲かな 内藤鳴雪
凩や海に夕日を吹き落す 夏目漱石
けふは凩のはがき一枚 種田山頭火
凩やみな窓に向くカフェの席 米田由美子
凩やかつて袂は泣くために 今瀬剛一
凩の会場へ行く燕尾服  中田美子
凩やうどんがぽんと明るくて 西村麒麟

【木枯(上五)】
木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉
木枯の海には枯るるもののなし 松尾隆信
木枯や吾より出づる父の声 加藤かな文

【凩(中七)】
胸中の凩咳となりにけり 芥川龍之介
ふたりして岬の凩きくことも 大木あまり
ノーサイドきみは凩だったのか 塩見恵介
乗継ぎのホーム凩待つたなし 菅敦

【木枯(中七)】
海に出て木枯帰るところなし 山口誓子

【こがらし(中七)】
鏡中のこがらし妻のなかを雲 田島健一

【凩(下五)】

【木枯(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凍る
  2. 【冬の季語】南天の実
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 【冬の季語】冬日
  5. 【夏の季語】梅雨入
  6. 【春の季語】うらら
  7. 【夏の季語】出梅
  8. 【夏の季語】蜘蛛の糸

おすすめ記事

  1. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  2. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  5. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  6. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  7. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  9. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  10. 【春の季語】鴨帰る

Pickup記事

  1. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  2. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  3. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  4. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  5. 【秋の季語】銀漢
  6. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  7. 【秋の季語】蕎麦の花
  8. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  9. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  10. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
PAGE TOP