冬の季語

【冬の季語】凩(木枯)

【冬の季語=初冬(11月)】凩(木枯)

【ミニ解説】

晩秋から初冬にかけて吹く、北よりの強い風。

「北風」や「寒風」よりも時期的な限定性が強く、また「木を枯らす」という具体的なイメージがややまとわりつく。

有名な句は何といっても、

海に出て木枯帰るところなし 山口誓子

でしょうかね。


【凩(上五)】
凩の吹き荒るる中の午砲かな 内藤鳴雪
凩や海に夕日を吹き落す 夏目漱石
けふは凩のはがき一枚 種田山頭火
凩やみな窓に向くカフェの席 米田由美子
凩やかつて袂は泣くために 今瀬剛一
凩の会場へ行く燕尾服  中田美子
凩やうどんがぽんと明るくて 西村麒麟

【木枯(上五)】
木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉
木枯の海には枯るるもののなし 松尾隆信
木枯や吾より出づる父の声 加藤かな文

【凩(中七)】
胸中の凩咳となりにけり 芥川龍之介
ふたりして岬の凩きくことも 大木あまり
ノーサイドきみは凩だったのか 塩見恵介
乗継ぎのホーム凩待つたなし 菅敦

【木枯(中七)】
海に出て木枯帰るところなし 山口誓子

【こがらし(中七)】
鏡中のこがらし妻のなかを雲 田島健一

【凩(下五)】

【木枯(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】七種(七草)
  2. 【春の季語】二月尽
  3. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  4. 【夏の季語】香水
  5. 【冬の季語】クリスマスツリー
  6. 【冬の季語】クリスマスカード
  7. 【春の季語】黄水仙
  8. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  5. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  7. 【春の季語】薄氷
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  9. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  10. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】

Pickup記事

  1. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  2. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  3. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  5. 【冬の季語】冬に入る
  6. 【春の季語】春風
  7. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  8. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  9. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  10. 【冬の季語】落葉
PAGE TOP