季語・歳時記

【新年の季語】門の松

新年の季語(1月)】門の松

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。「」

門松」「松飾り」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【門の松(上五)】
門の松背戸の大松みどりなり 泉鏡花

【門の松(中七)】

【門の松(下五)】
月雪のためにもしたし門の松 去来
兄の子の背丈のびたり門の松 正岡子規


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】雑煮
  2. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  3. 【冬の季語】十一月
  4. 【秋の季語】穴惑
  5. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  6. 【夏の季語】夏館
  7. 【冬の季語】セーター
  8. 【冬の季語】寒の内

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鳥の恋
  2. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  4. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  5. 【春の季語】惜春
  6. 【冬の季語】白鳥
  7. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  8. 【新年の季語】初旅
  9. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  10. 【夏の季語】夏館

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  2. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  3. 【新年の季語】小正月
  4. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  5. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  6. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  7. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  8. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】
  9. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  10. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
PAGE TOP