季語・歳時記

【新年の季語】門の松

新年の季語(1月)】門の松

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのこと。「」

門松」「松飾り」「飾り松」「立て松」とも。

古くは、木の梢に神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。

門松を片付けることを「松納」とよぶ。


【門の松(上五)】
門の松背戸の大松みどりなり 泉鏡花

【門の松(中七)】

【門の松(下五)】
月雪のためにもしたし門の松 去来
兄の子の背丈のびたり門の松 正岡子規


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  2. 【冬の季語】鴨
  3. 【春の季語】四月
  4. 【春の季語】猫柳
  5. 【新年の季語】三が日
  6. 【秋の季語】星月夜
  7. 【秋の季語】銀漢
  8. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔

おすすめ記事

  1. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  2. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  3. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  4. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  5. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  6. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  7. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  8. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【2月20日締切】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  10. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】

Pickup記事

  1. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  2. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  3. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  4. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  5. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  6. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  8. 【春の季語】雛あられ
  9. 【冬の季語】寒の内
  10. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
PAGE TOP