冬の季語

【冬の季語】冬木

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬木

文字通り冬の木の総称として用いられます。

落葉樹・常緑樹の両方を含みますが、冬らしさをつよく感じさせるのは落葉樹のほうでしょう。例句にも落葉樹と思われる句があります。

冬の落葉樹だけを指す季語に「枯木」「裸木」があります。くらべてみると、「冬木」のほうがあいまいで広がりのあるイメージを持っていることが分かります。

また、「寒木(かんぼく)」も落葉樹・広葉樹の区別はありませんが、この場合「冬木」よりも寒さが強調されます。


【冬木(上五)】
冬木描くいきなり赤を絞り出し 橋本美代子
冬木この手をからませる青春や 加藤郁乎
冬木照り野の寂寥のあつまりぬ 加藤楸邨
冬木道尽きて海とはなりにけり 木山捷平
冬木のどこ曲がりても楼蘭へ行ける 塩野谷仁

【冬木(中七)】
白雲と冬木と終にかかはらず 高浜虚子
昏れて無し冬木の影も吾が影も 三橋鷹女
はるかなる冬木と夢に遊びけり 橋閒石
青年に愛なき冬木日曇る 佐藤鬼房
誰も来ぬ冬木の檻に獣眠る 永井龍夫
つなぎやれば馬も冬木のしづけさに 大野林火
もの言えといきなり冬木ゆすりおり 大山安太郎

【冬木(下五)】
我ここにかくれ終りし大冬木 高浜虚子
大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子 
わが庭に声々たかし冬木の子ら 栗林一石路
枯れゆけばおのれ光りぬ冬木また 加藤楸邨
人去れば囁きあへる冬木かも 橋本螢治
猫降りて次第にくらくなる冬木 佐藤鬼房
青天は流るるごとし冬木原 近藤楓渓
鴎外の文体で立つ冬木かな 中嶋秀子
明日伐る木ものを云わざるみな冬木 細谷源二


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  2. 【夏の季語】サイダー
  3. 【春の季語】初東風
  4. 【春の季語】遠足
  5. 【冬の季語】冬の猫
  6. 【春の季語】春雷
  7. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  8. 【夏の季語】滝

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  2. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  3. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  4. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  6. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  7. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  8. 【冬の季語】探梅
  9. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  10. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】沙翁忌
  2. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】
  3. 【夏の季語】出梅
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  5. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  6. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  7. 数と俳句(二)/小滝肇
  8. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  10. 【新年の季語】松の内
PAGE TOP