冬の季語

【冬の季語】枯木

【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯木

冬になって葉を落として枯れた「ように見える」木のこと。

春になれば、また葉をつけるのであるから、本当に「枯れている」わけではない。

街路樹のように木が続いている場合は「枯木立」ともいう。

裸木」や「冬木」とはちがって、「山」や「星」や「宿」という言葉をつけて使われることも多い。


【枯木(上五)】
枯木さへ厨にあればうつくしく 高橋鏡太郎

【枯木(中七)】
獄を出て触れし枯木と聖き妻 秋元不死男
遠(を)ちの枯木桜と知れば日々待たる 野澤節子
古書増えて枯木が増えて雀たち 岩淵喜代子
恋人も枯木も抱いて揺さぶりぬ 対馬康子

【枯木(下五)】
風立ちて星消え失せし枯木かな 芝不器男
悲しさの極みに誰か枯木折る 山口誓子
父母の亡き裏口開いて枯木山 飯田龍太
癩人の相争へり枯木に日 村越化石
省略を尽しきりたる枯木かな 中野智子
鵜の揺らし鵜の揺れてゐる枯木かな 長谷川櫂

【多行俳句】
虛空/龜裂せり/枯木の萬歳/死木の叫喚 高原耕治

【ほかの季語と】
三寒の瀧と四温の枯木灘 角川春樹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】向日葵
  2. 【夏の季語】梅雨入
  3. 【夏の季語】日傘
  4. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  5. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  6. 【新年の季語】三が日
  7. 【冬の季語】蓮枯る
  8. 【秋の季語】吾亦紅

おすすめ記事

  1. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  4. 【冬の季語】炬燵
  5. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  6. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  7. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  9. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  10. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

Pickup記事

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  2. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  4. 【秋の季語】松茸
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  7. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  8. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  9. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  10. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
PAGE TOP