季語・歳時記

【春の季語】引鴨

【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】引鴨

【ミニ解説】

ずっと日本に留まる鴨もいるが、「渡り鳥」なので、秋になると北国より渡り来て、春になると帰ってゆく。「鴨引く」と動詞的に用いられることもある。「鴨帰る」とも。


【引鴨(上五)】
引鴨の羽音ののこる日暮空 福田甲子雄
引鴨に北国はまだ雪の日々 鈴木真砂女
引鴨に一夜の雪や前白根 藤田湘子
引鴨にやはらかく口噤みゐる 石田郷子

【引鴨(中七)】

【引鴨(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  2. 【春の季語】鶯餅
  3. 【冬の季語】ストーブ
  4. 【春の季語】鳥の妻恋
  5. 【秋の季語】秋山
  6. 【秋の季語】草の花
  7. 【春の季語】春二番
  8. 【冬の季語】冬木の芽

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  4. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  5. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  6. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  7. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  9. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】

Pickup記事

  1. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  2. 去年今年貫く棒の如きもの 高浜虚子【季語=去年今年(冬)】
  3. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  4. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  7. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  8. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  9. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
PAGE TOP