季語・歳時記

【春の季語】鴨引く

【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】鴨引く

【ミニ解説】

引鴨」を動詞的に用いた季語。「鴨帰る」とも。


【鴨引く(上五)】
鴨引いて記すべきもなき日を継げる 上田五千石
鴨引きて放心のさま鳶にあり 百合山羽公
池の鴨引き際いさぎよかりけり 鈴木真砂女

【鴨引く(中七)】
水離れ際やかに鴨引かんとす 上田五千石
病室に鴨引く声の縷となりぬ 斎藤玄
目つむりて鴨引くこゑとなりゐたる 森澄雄
新陵の鴨引く空となりにけり 石田勝彦

【鴨引く(下五)】
観潮の帰航の雲に鴨引ける 飯田蛇笏
天高く地をはなしては鴨引くか 松村蒼石


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  2. 【秋の季語】椎茸
  3. 【秋の季語】檸檬
  4. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  5. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  6. 【冬の季語】雪折
  7. 【春の季語】涅槃図
  8. 【新年の季語】七種粥(七草粥)

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  3. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  4. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  5. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  8. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  9. 【春の季語】朧夜
  10. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】

Pickup記事

  1. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  2. 数と俳句(二)/小滝肇
  3. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  4. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  5. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  6. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  7. 【春の季語】黄水仙
  8. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  9. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
PAGE TOP