冬の季語

【冬の季語】冬川

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬川

【ミニ解説】

冬の川」のこと。ふゆがわ。


【冬川(上五)】
冬川や筏のすはる草の原 榎本其角
冬川にむさきもの啄む烏哉 高井几董
冬川の石にちらばる木の葉かな 高濱虚子
冬川に青々と見ゆ水藻かな 村上鬼城
冬川にかゝりて太し石の橋 高野素十
冬川に出て何を見る人の妻 飯田蛇笏
冬川をたぐり寄せては布放つ 飴山實
冬川の水合ししぶきとなる所 細見綾子
冬川の瘦せつつ天に近づけり 恩田侑布子

【冬川(中七)】
やすき瀬や冬川わたる鶴の脛 高井几董
棲家とづ閑の冬川あきらかに 飯田蛇笏
鶏毟るべく冬川に出でにけり 飯田龍太
妻若く泣く冬川も躬をしぼり 飯田龍太
仰向けに冬川流れ無一物 成田千空
日蔭出て冬川あさく流れをり 藤田湘子
とどまれば黝し冬川迅らねば 岡本眸
縛りある冬川の辺の屋台かな 山尾玉藻

【冬川(下五)】
洪水の跡をながるる冬川あり 篠原梵


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春二番
  2. 【夏の季語】玉虫
  3. 【冬の季語】マフラー
  4. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  5. 【春の季語】三月
  6. 【夏の季語】筍
  7. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  8. 【冬の季語】霜柱

おすすめ記事

  1. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  3. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  4. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  5. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  6. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  9. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  10. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  2. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  3. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  4. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  6. 【春の季語】春の雪
  7. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  8. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  9. 【春の季語】三椏の花
  10. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
PAGE TOP