冬の季語

【冬の季語】冬川

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬川

【ミニ解説】

冬の川」のこと。ふゆがわ。


【冬川(上五)】
冬川や筏のすはる草の原 榎本其角
冬川にむさきもの啄む烏哉 高井几董
冬川の石にちらばる木の葉かな 高濱虚子
冬川に青々と見ゆ水藻かな 村上鬼城
冬川にかゝりて太し石の橋 高野素十
冬川に出て何を見る人の妻 飯田蛇笏
冬川をたぐり寄せては布放つ 飴山實
冬川の水合ししぶきとなる所 細見綾子
冬川の瘦せつつ天に近づけり 恩田侑布子

【冬川(中七)】
やすき瀬や冬川わたる鶴の脛 高井几董
棲家とづ閑の冬川あきらかに 飯田蛇笏
鶏毟るべく冬川に出でにけり 飯田龍太
妻若く泣く冬川も躬をしぼり 飯田龍太
仰向けに冬川流れ無一物 成田千空
日蔭出て冬川あさく流れをり 藤田湘子
とどまれば黝し冬川迅らねば 岡本眸
縛りある冬川の辺の屋台かな 山尾玉藻

【冬川(下五)】
洪水の跡をながるる冬川あり 篠原梵


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】永き日
  2. 【秋の季語】団栗
  3. 【冬の季語】冬籠
  4. 【冬の季語】暮早し
  5. 【春の季語】春月
  6. 【冬の季語】毛糸
  7. 【新年の季語】七種(七草)
  8. 【春の季語】雨水

おすすめ記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  2. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  3. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  5. 【新年の季語】左義長
  6. 【夏の季語】梅雨
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  8. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  9. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  10. 【春の季語】月朧

Pickup記事

  1. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  5. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  6. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  7. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  8. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  9. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  10. 【春の季語】立春
PAGE TOP