冬の季語

【冬の季語】冬滝

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬滝

【ミニ解説】

冬の滝」のこと。ふゆだき。

凍ると「凍滝」となる。

*漢字の表記としては、「滝」は常用漢字であり、 「瀧」は旧字体。

【参考】安岡 孝一「「滝」と「瀧」」(人名用漢字の新字旧字 第36回)


【冬滝(上五)】
冬滝を日のしりぞけば音変る 西東三鬼
冬滝に対ひ刻々いのち減る 後藤比奈夫
冬瀧に降り込むもののつぎつぎに 藺草慶子

【冬滝(中七)】
まつたうに落ちて冬滝ただ白し 桂信子
ねむるまで冬滝ひびく水の上 飯田龍太
みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子

【冬滝(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】魚氷に上る
  2. 【冬の季語】蕪
  3. 【夏の季語】海の家
  4. 【新年の季語】門松
  5. 【秋の季語】秋灯下
  6. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  7. 【新年の季語】繭玉
  8. 【新年の季語】獅子舞

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  2. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 【夏の季語】サイダー
  5. 【冬の季語】雪兎
  6. 【新年の季語】繭玉
  7. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  8. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  9. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太

Pickup記事

  1. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  2. 【新年の季語】松の内
  3. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  4. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  6. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  9. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
PAGE TOP