季語・歳時記

【春の季語】朧月

【春の季語=仲春〜晩春(3〜4月)】朧月

春は大気中の水分が多く、ものがけむって見えます。その状態を俳句では、昼に「」、夜に「」の季語を当てます。そんな時期の月のこと。「月朧」とも。


【朧月(上五)】
朧月露国遠しと思ふとき 飯田龍太
おぼろ月化生(けしょう)のものを地におろす 文挾夫佐恵

【朧月(中七)】
春ならば朧月とも詠(なが)めうに 上島鬼貫

【朧月(下五)】
猫の恋やむとき閨の朧月 芭蕉
大原や蝶のでて舞ふ朧月 内藤丈草
よき風の松から来るや朧月 井上井月
くもりたる古鏡の如し朧月 高浜虚子
襟あしの黒子あやふし朧月 竹久夢二
遥かなる宙に船長おぼろ月 黒澤麻生子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】野菊
  2. 【新年の季語】人の日
  3. 【春の季語】白椿
  4. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  5. 【春の季語】旧正月
  6. 【冬の季語】冬河原(冬川原)
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. 【冬の季語】裸木

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春めく
  2. 【新年の季語】左義長
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  4. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  5. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  6. 【新年の季語】七日
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  8. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし

Pickup記事

  1. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  2. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  4. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  7. 【新年の季語】繭玉
  8. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  9. 【秋の季語】十三夜
  10. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
PAGE TOP