季語・歳時記

【春の季語】霞

【春の季語=三春(2月〜4月)】霞

乾燥していた冬から春に移り変わっていくにつれ、空気中に含まれる水分量も増えてくる。それにともなって、山や草などの姿がぼんやりと薄れて、のどかな春の景色となっていく。また、同じ現象を、春の夜は「」とよびわける。

肌寒い秋に見られるのは「」であり、こちらは秋の季語。冬の霞は「冬霞」である。

」や「」が気象用語として使われているのに対し、「」は使われていない。

なお、「初霞」は新年の季語である。〈初霞山がものいふ国ぞよき〉(矢島渚男)。


【霞(上五)】
霞みけり山消え失せて塔一つ 正岡子規
棚霞キリンの頸も骨七つ 星野恒彦
霞みつつ疫がしづかな街を得る 竹岡一郎

【霞(中七)】
榛名山大霞して真昼かな 村上鬼城
一すじの霞ながれて嶋遠し 若山牧水
大阿蘇の霞の端に遊びけり 藤崎久を
煎餅割つて霞の端に友とをり 藤田湘子
鍵を抜き霞をたどる旅へゆく 鴇田智哉

【霞(下五)】
何処やらに鶴の声聞く霞かな 井上井月
坂がかり動かぬ馬の霞まれて 臼田亜浪
白浪を一度かゝげぬ海霞 芝不器男
準急のしばらくとまる霞かな 原田暹
畦走り込みたる山の霞みけり 蓬田紀枝子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】水洟
  2. 【夏の季語】水着
  3. 【冬の季語】熊穴に入る
  4. 【新年の季語】繭玉
  5. 【秋の季語】曼珠沙華
  6. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  7. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  8. 【春の季語】浜下り

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】風邪
  2. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  3. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  6. 【冬の季語】大年
  7. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  8. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  9. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  10. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

Pickup記事

  1. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  3. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  4. 【春の季語】鴨帰る
  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  6. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  7. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  9. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  10. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
PAGE TOP