季語・歳時記

【春の季語】春菊

【春の季語=三春(2〜4月)】春菊

「菊」は秋に花を咲かせるのに対して、春に黄色い花を咲かせる。

日常的に「春菊」といえば、花ではなく葉のことを指すのが一般的。サラダやおひたし、鍋物など、食用とする。花は観賞用となる。

俳句では葉も花も春季のものとして詠まれている。


【春菊(上五)】
春菊や袋大きな見舞妻 石田波郷
春菊の香や癒えてゆく朝すがし 古賀まり子
春菊を洗へば水も香を放つ 鷹羽狩行
春菊が咲いてともかく妻で母 池田澄子
春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【春菊(中七)】

【春菊(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春塵
  2. 【春の季語】チューリップ
  3. 【冬の季語】マスク
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. 【夏の季語】金魚
  6. 【秋の季語】蕎麦の花
  7. 【春の季語】白魚
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春分の日
  2. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  3. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  4. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  5. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  6. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  7. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  8. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  9. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  10. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  4. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  5. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  6. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  8. 【冬の季語】枯蓮
  9. 【#25】写真の音、匂い
  10. 黄金週間屋上に鳥居ひとつ 松本てふこ【季語=黄金週間(夏)】
PAGE TOP