冬の季語

【冬の季語】漱石忌

【冬の季語=仲冬(12月)】漱石忌

【ミニ解説】

小説家・英文学者の夏目漱石(1867~1916年)の忌日は、12月9日。

大学時代、子規と出会って、俳句を学びました。『草枕』は「俳句的小説」として有名。


【漱石忌(上五)】
漱石忌戻れば屋根の暗きかな  内田百閒
漱石忌余生ひそかにおくりけり 久保田万太郎
漱石忌枯野おほかた日が当り 森澄雄
漱石忌男に髭といふ虚勢 村上喜代子

【漱石忌(中七)】

【漱石忌(下五)】
早稲田の夜急にしぐれぬ漱石忌 松根東洋城
うつしゑのうすきあばたや漱石忌 日野草城
うす紅の和菓子の紙や漱石忌  有馬朗人
悪相の魚の美味なる漱石忌 菅原鬨也
菊判の重きを愛し漱石忌  西嶋あさ子
全集の二束三文漱石忌 遠藤若狭男
猫に顔見られゐるなり漱石忌 林淳実
野良猫に軒借られゐて漱石忌 尾池和子
新聞に雨の匂ひや漱石忌  片山由美子
フォークもて食ふ鮟鱇や漱石忌 日原傳
水と茶を選べて水の漱石忌 斉藤志歩


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【冬の季語】愛日
  3. 【夏の季語】滝
  4. 【冬の季語】凍る
  5. 【春の季語】猫柳
  6. 【秋の季語】秋桜
  7. 【春の季語】涅槃図
  8. 【新年の季語】なまはげ

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 【夏の季語】月涼し
  4. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  5. 【夏の季語】バナナ
  6. 【春の季語】鴨引く
  7. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  8. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  9. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  10. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】

Pickup記事

  1. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  2. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  3. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  4. 【春の季語】春時雨
  5. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  6. 【春の季語】初音
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】
  9. 【新年の季語】雑煮
  10. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
PAGE TOP