冬の季語

【冬の季語】漱石忌

【冬の季語=仲冬(12月)】漱石忌

【ミニ解説】

小説家・英文学者の夏目漱石(1867~1916年)の忌日は、12月9日。

大学時代、子規と出会って、俳句を学びました。『草枕』は「俳句的小説」として有名。


【漱石忌(上五)】
漱石忌戻れば屋根の暗きかな  内田百閒
漱石忌余生ひそかにおくりけり 久保田万太郎
漱石忌枯野おほかた日が当り 森澄雄
漱石忌男に髭といふ虚勢 村上喜代子

【漱石忌(中七)】

【漱石忌(下五)】
早稲田の夜急にしぐれぬ漱石忌 松根東洋城
うつしゑのうすきあばたや漱石忌 日野草城
うす紅の和菓子の紙や漱石忌  有馬朗人
悪相の魚の美味なる漱石忌 菅原鬨也
菊判の重きを愛し漱石忌  西嶋あさ子
全集の二束三文漱石忌 遠藤若狭男
猫に顔見られゐるなり漱石忌 林淳実
野良猫に軒借られゐて漱石忌 尾池和子
新聞に雨の匂ひや漱石忌  片山由美子
フォークもて食ふ鮟鱇や漱石忌 日原傳
水と茶を選べて水の漱石忌 斉藤志歩


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪降る
  2. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  3. 【春の季語】屋根替
  4. 【春の季語】雛あられ
  5. 【新年の季語】嫁が君
  6. 【冬の季語】兎狩
  7. 【冬の季語】蕪
  8. 【夏の季語】サングラス

おすすめ記事

  1. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  2. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  3. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  4. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  6. 【冬の季語】歳晩
  7. 【春の季語】初音
  8. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  9. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  2. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  3. 【冬の季語】咳
  4. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  5. 【秋の季語】秋蝶
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  8. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  9. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  10. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
PAGE TOP