季語・歳時記

【秋の季語】運動会

【秋の季語=三秋(8〜10月)】運動会

主に学校において、児童たちが参加する体育行事。

梅雨入り」前の「五月」ごろに実施される学校もあるが、「秋晴」のころに実施されることも多い。俳句では秋の季語として認知されている。


【運動会(上五)】
運動会の地面をむしろ多く見る 阿部青鞋
運動会午後へ白線引き直す 西村和子
運動会走る前から泣いてをり 中野のはら
運動会カメラ向ければ背を向けて 島野紀子
運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季

【運動会(中七)】
鳥一羽運動会を横切れり 相生垣瓜人
二階より運動会の端見ゆる 柏原眠雨
手を上げる運動会の大玉へ 寺澤一雄
ねかされて運動会の旗の束 千葉皓史
蛇口みな運動会の空を向く 堀切克洋

【運動会(下五)】
女装したがる年頃の運動会 本井英
人妻をむんずと借りて運動会 太田寛郎
午後の部へオルガンはこぶ運動会 佐々木よし子
地面とはすなはち地球運動会 髙柳克弘
唐揚げの油ぎつたる運動会 酒井俊祐


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】風光る
  2. 【春の季語】蛇穴を出づ
  3. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  4. 【冬の季語】クリスマスカード
  5. 【春の季語】春塵
  6. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  7. 【新年の季語】三が日
  8. 【夏の季語】紫陽花

おすすめ記事

  1. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  2. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  3. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  5. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  6. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  7. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  9. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】狐
  2. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  3. 【春の季語】四月馬鹿
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  5. 【冬の季語】聖菓
  6. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  8. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  9. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  10. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
PAGE TOP