夏の季語

【夏の季語】梅雨入

梅雨」に入ること。

一般的には、「つゆいり」と四音で読みますが、俳句では「ついり」と三音で読むこともあります。

「梅雨入」は気象庁がパブリックにアナウンスするものなので、つまり客観的なデータをもって「いつもの季節がめぐってきた」という感慨が含まれるが、天気予報がなかった時代は、おおむね暦で梅雨入りの時期が示されていた。それが「入梅」と言われていたもの。

しかし現在の気象用語では「入梅」「出梅」は使われませんので、俳句としては「梅雨入」または「梅雨に入る」を使うことが、多くなっています。


【梅雨入(上五)】
梅雨入りの芭蕉は柱並べけり 宇佐美魚目
梅雨入や礁まはりの波白し 小澤實

【梅雨入(中七)】

【梅雨入(下五)】
月いでて見えわたりたる梅雨入かな 飯田蛇笏
人も木もそはそはしかる梅雨入前 相生垣瓜人
鰻屋の二階明るき梅雨入かな  鈴木真砂女
大津絵の墨色にじむ梅雨入りかな 宇多喜代子
大都心ビル高々と梅雨入りす 稲畑廣太郎
木から木へ蔓の走れる梅雨入かな 岸本尚毅
卓拭いて給仕去りたる梅雨入かな 榮猿丸
あら嫌なおかみさんだね梅雨入だね 澤田和弥

【ほかの季語と】
河骨に日は照りつゝも梅雨入雲 西島麦南

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 【冬の季語】冬
  3. 【春の季語】春の灯
  4. 【春の季語】春の雨
  5. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  6. 【冬の季語】寒し
  7. 【冬の季語】冬眠
  8. 【新年の季語】三が日

おすすめ記事

  1. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  2. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  4. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  5. 【夏の季語】冷房
  6. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  7. 【春の季語】魚氷に上る
  8. 【冬の季語】冬野
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  10. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  2. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  4. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  5. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  7. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  10. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP