季語・歳時記

【秋の季語】秋分

【秋の季語=仲秋(9月)】秋分

秋の半ばと書くとおり、「立秋」と「立冬」のちょうど中間にあたる。

仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされ、「秋分」は「秋彼岸」の中日とされる。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、この時期から徐々に秋の気配が強まってくる。「秋分の日」は国民の祝日として制定されている。

太陽の高さを基準にした二十四節気のうち秋の四番目となる。


【秋分(上五)】

【秋分(中七)】
嶺聳(そばだ)ちて秋分の闇に入る 飯田龍太

【秋分(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春塵
  2. 【冬の季語】追儺
  3. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  4. 【春の季語】椿寿忌
  5. 【春の季語】囀
  6. 【夏の季語】出梅
  7. 【春の季語】鳥の妻恋
  8. 【春の季語】春分

おすすめ記事

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  2. 【冬の季語】毛糸玉
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  4. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  5. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  6. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  7. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ

Pickup記事

  1. 【春の季語】梅
  2. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  3. 【冬の季語】蒲団(布団)
  4. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  5. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  6. 【冬の季語】聖菓
  7. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  9. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  10. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
PAGE TOP