季語・歳時記

【秋の季語】秋分

【秋の季語=仲秋(9月)】秋分

秋の半ばと書くとおり、「立秋」と「立冬」のちょうど中間にあたる。

仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされ、「秋分」は「秋彼岸」の中日とされる。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、この時期から徐々に秋の気配が強まってくる。「秋分の日」は国民の祝日として制定されている。

太陽の高さを基準にした二十四節気のうち秋の四番目となる。


【秋分(上五)】

【秋分(中七)】
嶺聳(そばだ)ちて秋分の闇に入る 飯田龍太

【秋分(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】元旦
  2. 【新年の季語】繭玉
  3. 【新年の季語】二日
  4. 【秋の季語】秋気
  5. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  6. 【冬の季語】白菜
  7. 【夏の季語】草ロール
  8. 【冬の季語】水鳥

おすすめ記事

  1. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  2. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  3. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  4. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  5. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  6. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  7. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  8. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  10. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日

Pickup記事

  1. 【冬の季語】襟巻
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  3. 【冬の季語】年忘れ
  4. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  5. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  6. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  7. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  8. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  9. 【冬の季語】熊穴に入る
  10. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
PAGE TOP