夏の季語

【夏の季語】梅雨に入る

梅雨」に入ること。「梅雨入」ともいう。


【梅雨に入る(上五)】
梅雨に入る椎の木陰の葵哉 正岡子規
梅雨に入る夫なきくらしにも入る 安田悦子

【梅雨に入る(中七)】
十葉の花まづ梅雨に入りにけり 久保田万太郎
鹿の斑のかそけき梅雨に入りにけり 野中亮介
突支棒はづれて梅雨に入りにけり 加藤静夫

【梅雨に入る(下五)】
世を隔て人を隔てゝ梅雨に入る 高野素十
水郷の水の暗さも梅雨に入る 井沢正江
火よ火よと啼きつる鳥や梅雨に入る 沖あき
箸は立てスプーンを寝かせ梅雨に入る 森田智子
地球儀の中はからつぽ梅雨に入る 花房直正
海蛇の長き一息梅雨に入る  ドゥーグル・J・リンズィー
黒々と欅並木の梅雨に入る 杉原祐之
吊り革のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】読初
  2. 【冬の季語】一月
  3. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  4. 【冬の季語】忘年
  5. 【冬の季語】裸木
  6. 【春の季語】素魚
  7. 【新年の季語】獅子舞
  8. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  2. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  5. 【秋の季語】秋分
  6. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  7. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  8. 【春の季語】チューリップ
  9. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  10. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  2. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  3. 【冬の季語】短日
  4. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  5. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  6. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  7. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  8. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  9. 【冬の季語】小春日和
  10. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
PAGE TOP