夏の季語

【夏の季語】梅雨に入る

梅雨」に入ること。「梅雨入」ともいう。


【梅雨に入る(上五)】
梅雨に入る椎の木陰の葵哉 正岡子規
梅雨に入る夫なきくらしにも入る 安田悦子

【梅雨に入る(中七)】
十葉の花まづ梅雨に入りにけり 久保田万太郎
鹿の斑のかそけき梅雨に入りにけり 野中亮介
突支棒はづれて梅雨に入りにけり 加藤静夫

【梅雨に入る(下五)】
世を隔て人を隔てゝ梅雨に入る 高野素十
水郷の水の暗さも梅雨に入る 井沢正江
火よ火よと啼きつる鳥や梅雨に入る 沖あき
箸は立てスプーンを寝かせ梅雨に入る 森田智子
地球儀の中はからつぽ梅雨に入る 花房直正
海蛇の長き一息梅雨に入る  ドゥーグル・J・リンズィー
黒々と欅並木の梅雨に入る 杉原祐之
吊り革のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夢の俳句】
  2. 【秋の季語】檸檬
  3. 【春の季語】朧
  4. 【夏の季語】水着
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 【冬の季語】寒の内
  7. 【冬の季語】枯木立
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒

おすすめ記事

  1. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  2. 【冬の季語】大晦日
  3. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  4. 【夏の季語】夕立
  5. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  6. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  8. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  9. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  10. 【冬の季語】鼻水

Pickup記事

  1. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  3. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  4. 【冬の季語】マフラー
  5. 【冬の季語】花八手
  6. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  7. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  8. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  9. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  10. 【冬の季語】蒲団(布団)
PAGE TOP