季語・歳時記

【新年の季語】元旦

新年の季語(1月)】元旦

元日」の朝のこと。「元朝」または「大旦」とも。

また、広い意味では「元日」のことも指す。

歴史的仮名遣いだと「ぐわんたん」。


【元旦(上五)】
元旦やいつもの道を母の家 星野立子
元旦の孤独を映画館にもまれ 藤木清子
元旦の夜や子の椅子に腰おろす 横山白虹
元旦の聖書重たしたなごころ 古賀まり子
元旦を素うどんすゝられては縦に 山田耕司
元旦のかに道楽のこはいかに 三島ゆかり
元旦や信号無視をしてしまふ 杉原祐之
元旦や物干竿に日の当たる 松本てふこ
元旦の髪ふはふはと風呂屋出づ 中西亮太

【元旦(中七)】
つねの声にして元旦の己がこゑ 野澤節子
鯰より元旦誤植知らさるる 島田牙城
ほろほろと元旦のわが臍にゴマ 笠井亞子

【元旦(下五)】

【自由律】
元旦雲もなき珠の如き空のうちに居り 荻原井泉水
石も元旦である 橋本夢道
元旦のひかり 山垣も 萬葉のままではない 吉岡禅寺洞

【ほかの季語と】
元旦の鯛焼き返す二日かな 角川春樹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】節分
  2. 【冬の季語】冬帽
  3. 【春の季語】春雪
  4. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  5. 【秋の季語】秋桜
  6. 【秋の季語】末枯る
  7. 【冬の季語】熊
  8. 【冬の季語】年逝く(年行く)

おすすめ記事

  1. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  2. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  3. 【夏の季語】桐の花
  4. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  5. 【都道府県別の俳句】
  6. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  7. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  8. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  9. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  10. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

Pickup記事

  1. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  2. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  3. 【冬の季語】枇杷の花
  4. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第21回】玄界灘と伊藤通明
  6. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  7. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  8. 【夏の季語】梅雨入
  9. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  10. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
PAGE TOP