冬の季語

【冬の季語】納豆

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】納豆

現在ではスーパーやコンビニで一年中売られているので季節感はいちじるしくゼロに近いが、かつては冬に「納豆汁」がよく食べられていたこともあり、冬の季語としていた歳時記もある。この場合の納豆は、よく蒸した大豆を藁づとなどに入れ、適温で納豆菌を繁殖させて作る「糸引き納豆」のことである。

晩夏の季語に「納豆造る」があるが、こちらは「大徳寺納豆」「塩辛納豆」など、蒸し大豆に麦こがしと麹を加え発酵、塩水に漬けて熟成させて、乾し上げてつくられるものである。

いずれにしても発酵食品である納豆は安価な健康食品であり、「納豆どきの医者いらず」とよばれ、風邪などが流行り始める前の秋から冬にかけて食べられていた。


【納豆(上五)】
納豆に冷たき飯や山の寺 村上鬼城
納豆や忍ぶる恋の古歌いくつ 上田五千石
納豆の糸伸ぶ船の無電室 D・J・リンズィー
納豆の泡噴く飯に載せしのちも 柳元佑太

【納豆(中七)】

【納豆(下五)】

【ほかの季語と】
まぎれなき雪の糸ひく納豆かな 久保田万太郎
納豆があれば朝や初嵐 石川桂郎
さへづりや納豆の粒みな可愛 藤田湘子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】沈丁花
  2. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  3. 【冬の季語】年惜む
  4. 【冬の季語】鮟鱇
  5. 【秋の季語】秋桜
  6. 【冬の季語】枯野
  7. 【春の季語】杉の花
  8. 【新年の季語】松飾る

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  4. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】
  5. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  7. 【#25】写真の音、匂い
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  9. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  10. 【春の季語】花

Pickup記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  3. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  4. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  5. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  6. 【夏の季語】水着
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  8. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  10. 【春の季語】春一番
PAGE TOP