季語・歳時記

【春の季語】鷹鳩と化す

【春の季語=仲春(3月)】鷹鳩と化す

中国古代の天文学による七十二候のひとつ「鷹化為鳩」に由来する季語。

現在の太陽暦でいうと、3月16日から20日の頃に当たる。「啓蟄」の第三候。

出典は古代中国に書かれた『呂氏春秋』。

春の穏やかな気配の中では、鋭い目で獲物を狙う獰猛な鷹も、ほのぼのとした鳩に変身してしまうということ。輪廻思想の萌芽である。

季語としては案外古く、一茶が〈新鳩よ鷹気を出して憎まれな〉などの句を残している。


【鷹鳩と化す(上五)】
鷹鳩と化して青菜をつつきをり 棚山波朗
鷹鳩と化し神木は歩かれず 鷹羽狩行
鷹鳩と化し童らに蹴散らさる 中村孝哲
鷹鳩と化して年金暮しなる 平山みどり
鷹鳩と化しぞんぶんにたむろせり 櫂未知子
鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子
鷹鳩と化すや嫌はれてもいいや 矢口晃

【鷹鳩と化す(中七)】
煦煦くくとして鷹とて鳩になりにけり 森澄雄

【鷹鳩と化す(下五)】
一病を得てよりの夫鷹鳩に 西村揚子
鷹の目を残して鷹の鳩と化す 島谷高水


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】初音
  2. 【毛の俳句】
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 【春の季語】初蝶
  5. 【春の季語】沈丁花
  6. 【新年の季語】初句会
  7. 【冬の季語】短日
  8. 【新年の季語】どんど焼

おすすめ記事

  1. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  2. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  3. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  6. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  7. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  8. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  9. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  10. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】虫籠/むしご
  2. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 
  3. 【冬の季語】浮寝鳥
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  5. 【春の季語】春月
  6. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  8. 【春の季語】猫の恋
  9. 【春の季語】春の野
  10. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
PAGE TOP