夏の季語

【夏の季語】夏館

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】夏館

風鈴や打ち水など、涼しそうな夏の装いを見せている家屋。

定義上、和洋は問わないはずだが、「館」という響きから、洋館を連想する人が多い。


【夏館(上五)】
夏館古き時計を疑はず 岩田由美

【夏館(中七)】

【夏館(下五)】
階段に永久の暗さや夏館 伊藤伊那男
スリッパを幾度も揃へ夏館 下坂速穂
しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  2. 【春の季語】浅蜊
  3. 【新年の季語】松飾る
  4. 【春の季語】菜種梅雨
  5. 【春の季語】白梅
  6. 【春の季語】花粉症
  7. 【春の季語】春一番
  8. 【秋の季語】銀漢

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】数え日
  2. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  4. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  5. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
  6. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  7. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  8. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  9. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  10. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  4. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  5. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
  6. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  7. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】
  8. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  9. 【冬の季語】兎狩
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
PAGE TOP