季語・歳時記

【新年の季語】松納

新年の季語(1月)】松納

【ミニ解説】

正月」に門前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りである「門松」を片付けること。

「松納め」と「め」を送ることもある。動詞として「松(を)納める」と使われることもある。

「松納」は、東京では6日の夕方、京阪地方では14日の夕方に行う。

取り除いて不用になった門松は「小正月」の「左義長」(「どんど」)で焼く。

門松を飾っている期間のことを「松の内」、それを過ぎると「松過」となる。


【松納(上五)】
松納表札古りてしまひけり 七田谷まりうす
松納めわが家小さく見返へりぬ 吉田鴻司

【松納(中七)】
生き生きと脂噴く松を納めけり 安倍元気

【松納(下五)】
月白うして鳰啼くや松納 渡辺水巴
日の暮のとろりと伸びし松納 福田甲子雄
子供らの縄打ち遊ぶ松納め 西村和子
門川に鷺のきてゐる松納 永方裕子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】早梅
  2. 【春の季語】春寒し
  3. 【夏の季語】泉
  4. 【冬の季語】水仙
  5. 【夏の季語】梅雨に入る
  6. 【冬の季語】手袋
  7. 【秋の季語】虫籠/むしご
  8. 【春の季語】沈丁花

おすすめ記事

  1. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  2. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  3. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  4. 【冬の季語】火事
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
  6. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  7. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  8. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  9. 【夏の季語】海の日
  10. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】

Pickup記事

  1. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  2. 【新年の季語】左義長
  3. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  4. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  5. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  7. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  8. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  9. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
PAGE TOP