季語・歳時記

【夏の季語】水着

【夏の季語(三夏=5月〜7月)】水着

【ミニ解説】

海やプールに入るために着る衣服のこと。

1984年のロス五輪以降には、健康のためにフィットネスクラブやスイミングクラブで水泳を楽しむ、競泳選手以外の人々が増加した。


【水着(上五)】
水着まだ濡らさずにゐる人の妻 鷹羽狩行
水着著て松がちくちくする中に 岸本尚毅

【水着(中七)】
何の意ぞ水着の妻が夢に出て  星野麥丘人
火の色の水着を見せる約束も  櫂未知子
同じ女がいろんな水着を着るチラシ 北大路翼
少女みな紺の水着を絞りけり  佐藤文香

【水着(下五)】
父母に叱られさうな水着買ふ 後藤比奈夫
まだ誰の躰も知らぬ水着かな 堀切克洋
日本の元気なころの水着かな 安里琉太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】早春
  2. 【冬の季語】襟巻
  3. 【冬の季語】梅探る
  4. 【秋の季語】十六夜
  5. 【夏の季語】雲の峰
  6. 【夏の季語】蜘蛛
  7. 【新年の季語】松飾
  8. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒晴
  2. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】
  3. 【冬の季語】蓮根掘
  4. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  6. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  7. 【春の季語】雛あられ
  8. 【春の季語】霞
  9. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)

Pickup記事

  1. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  2. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  3. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  6. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  7. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  8. 【新年の季語】獅子舞
  9. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  10. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
PAGE TOP