季語・歳時記

【夏の季語】水着

【夏の季語(三夏=5月〜7月)】水着

【ミニ解説】

海やプールに入るために着る衣服のこと。

1984年のロス五輪以降には、健康のためにフィットネスクラブやスイミングクラブで水泳を楽しむ、競泳選手以外の人々が増加した。


【水着(上五)】
水着まだ濡らさずにゐる人の妻 鷹羽狩行
水着著て松がちくちくする中に 岸本尚毅

【水着(中七)】
何の意ぞ水着の妻が夢に出て  星野麥丘人
夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり
火の色の水着を見せる約束も  櫂未知子
同じ女がいろんな水着を着るチラシ 北大路翼
少女みな紺の水着を絞りけり  佐藤文香

【水着(下五)】
父母に叱られさうな水着買ふ 後藤比奈夫
まだ誰の躰も知らぬ水着かな 堀切克洋
日本の元気なころの水着かな 安里琉太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】白鳥
  2. 【春の季語】初東風
  3. 【冬の季語】悴む
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  6. 【秋の季語】秋めく
  7. 【夏の季語】夏の蝶
  8. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花

おすすめ記事

  1. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  3. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  4. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】
  5. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  6. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#2 小谷由果
  8. 【夏の季語】蛇
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  10. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)

Pickup記事

  1. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  2. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  3. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  6. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  7. 【春の季語】菜の花
  8. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  10. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
PAGE TOP