冬の季語

【冬の季語】年逝く(年行く)

【冬の季語=仲冬(12月)】年逝く(年行く)

【ミニ解説】

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

「逝」は現在、「逝去」などに用いる漢字だが、もともとは

日月逝矣、歳不我与(月日は過ぎゆき、時間は私を待ってくれない)

のように(月日などが)「過ぎ去る」ことをいう漢字。

もともとは「行く年」としての季語のほうが用例が多い。「行く年や」よりも「年行くや」のほうが、「終わっていくなあ」感が出るという人もいる。

1年もあと数日だなあ、という点に感慨を込めた「数へ日」という季語もある。


【年逝く(上五)】
年行くや耳掻光る硯箱 前田普羅
年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子

【年逝く(中七)】
船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男

【年逝く(下五)】
那智瀧のしぶきをあびし年も行く 細見綾子
群羊をドイツ野に見し年も逝く 沢木欣一

【その他】
年は唯黙々として行くのみぞ 高浜虚子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬至
  2. 【春の季語】春一番
  3. 【秋の季語】秋めく
  4. 【冬の季語】蒲団(布団)
  5. 【春の季語】雁帰る
  6. 【春の季語】囀
  7. 【秋の季語】秋風
  8. 【秋の季語】良夜

おすすめ記事

  1. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  3. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
  6. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  8. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  10. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】

Pickup記事

  1. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  2. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  3. 【春の季語】鳥の恋
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  5. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  6. 【新年の季語】門松
  7. 【春の季語】野に遊ぶ
  8. 【夏の季語】入梅
  9. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
PAGE TOP