冬の季語

【冬の季語】年逝く(年行く)

【冬の季語=仲冬(12月)】年逝く(年行く)

【ミニ解説】

1年が終わっていくなあ、という感慨を込めた季語。

「逝」は現在、「逝去」などに用いる漢字だが、もともとは

日月逝矣、歳不我与(月日は過ぎゆき、時間は私を待ってくれない)

のように(月日などが)「過ぎ去る」ことをいう漢字。

もともとは「行く年」としての季語のほうが用例が多い。「行く年や」よりも「年行くや」のほうが、「終わっていくなあ」感が出るという人もいる。

1年もあと数日だなあ、という点に感慨を込めた「数へ日」という季語もある。


【年逝く(上五)】
年行くや耳掻光る硯箱 前田普羅
年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子

【年逝く(中七)】
船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男

【年逝く(下五)】
那智瀧のしぶきをあびし年も行く 細見綾子
群羊をドイツ野に見し年も逝く 沢木欣一

【その他】
年は唯黙々として行くのみぞ 高浜虚子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】俎始
  2. 【冬の季語】風花
  3. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  4. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  5. 【冬の季語】毛糸
  6. 【春の季語】三月
  7. 【春の季語】引鴨
  8. 【新年の季語】成人の日

おすすめ記事

  1. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  2. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  3. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  4. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  5. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  6. 【新年の季語】初厨
  7. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  8. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  9. 【秋の季語】檸檬
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ

Pickup記事

  1. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  2. 【秋の季語】銀漢
  3. 【春の季語】蛇穴を出づ
  4. 【秋の季語】運動会
  5. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  6. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  7. 【夏の季語】草いきれ
  8. 【春の季語】春寒
  9. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
PAGE TOP