ハイクノミカタ

年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】


年逝くは頰を震はせて)

飯島晴子

 晴子に兎の句、雪兎の句が少なくないのは意外なようで、何となく納得も出来る。晴子は野性も洗練も好んでいたようだ。掲句、兎の頰の細かな震えに、年「逝く」という動きを重ねたもの。兎には本来、年の瀬も何も関係ないのだが、飼い兎の、周りの人間とどことなく同期しているようなさびしさが出ているように思われた。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  2. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  3. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】
  4. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  7. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  8. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  2. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  4. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  5. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  6. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  8. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  9. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  10. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】

Pickup記事

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  3. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  4. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  5. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  6. 【春の季語】春二番
  7. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  9. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  10. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
PAGE TOP