冬の季語

【冬の季語】冬の月

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の月

「月」といえば、俳句では秋の季語。

冬になってから見る月は、乾燥して冷え込んだ冬の夜空にあって、鋭利に見え、静謐なたたずまいである。

「寒月」というと、本来的には冬の月と同意だが、さらに凍てつき、冷え冷えとした月の感じが強い。「月冴ゆる」「月氷る」などと使われることもある。


【冬の月(上五)】
冬の月寂寞として高きかな 日野草城
冬の月旅に少しの化粧品  岡田由季

【冬の月(中七)】

【冬の月(下五)】
此木戸や錠のさされて冬の月 其角
屋根の上に火事見る人や冬の月 正岡子規
光琳の兎も見えて冬の月 中西夕紀



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】師走
  2. 【夏の季語】母の日
  3. 【春の季語】朧夜
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【冬の季語】寒さ
  6. 【新年の季語】七種(七草)
  7. 【冬の季語】鮟鱇
  8. 【冬の季語】待春

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  2. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  3. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  4. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  5. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  6. 【冬の季語】聖夜
  7. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  9. 【夢の俳句】
  10. 【新年の季語】元日

Pickup記事

  1. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  2. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  3. 【夏の季語】梅雨
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  6. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  7. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  8. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
  9. 【秋の季語】鵙の贄
  10. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
PAGE TOP