冬の季語

【冬の季語】冬の月

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の月

「月」といえば、俳句では秋の季語。

冬になってから見る月は、乾燥して冷え込んだ冬の夜空にあって、鋭利に見え、静謐なたたずまいである。

「寒月」というと、本来的には冬の月と同意だが、さらに凍てつき、冷え冷えとした月の感じが強い。「月冴ゆる」「月氷る」などと使われることもある。


【冬の月(上五)】
冬の月寂寞として高きかな 日野草城
冬の月旅に少しの化粧品  岡田由季

【冬の月(中七)】

【冬の月(下五)】
此木戸や錠のさされて冬の月 其角
屋根の上に火事見る人や冬の月 正岡子規
光琳の兎も見えて冬の月 中西夕紀



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】初花
  2. 【春の季語】初音
  3. 【秋の季語】秋気
  4. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  5. 【冬の季語】悴む
  6. 【春の季語】余寒
  7. 【夏の季語】入梅
  8. 【春の季語】彼岸

おすすめ記事

  1. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  2. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  3. 【冬の季語】鬼やらい
  4. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  5. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  6. 【秋の季語】霧
  7. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【6】/宇志やまと(「銀漢」同人)
  10. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  2. 【春の季語】四月
  3. 【秋の季語】穴惑
  4. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  6. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  7. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  8. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  9. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  10. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
PAGE TOP