季語・歳時記

【新年の季語】初句会

新年の季語(1月)】初句会

その年最初の句会のこと。


【初句会(上五)】
初句会浮世話をするよりも 高浜虚子
初句会旅戻りなる顔もありぬ 松根東洋城
初句会既に二十日も過ぎんとす 高浜年尾

【初句会(中七)】
丸ビルの最後の初句会となり 稲畑廣太郎

【初句会(下五)】
虚子庵に集ふならひの初句会 星野立子
枯芝を踏んで囑目初句会 吉屋信子
虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實
はやも師の選に漏れたる初句会 安原葉
天上の君も加はり初句会 深見けん二
短冊のうぐひす色も初句会 野村玲子
一回も名乗りをあげず初句会 荒川実
窓近く東山あり初句会 岩崎照子
長考はロダンの容初句会 櫛部天思
眉太き青年来たる初句会 涼野海音
正面に城見えてをり初句会 涼野海音


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】三が日
  2. 【春の季語】冴返る
  3. 【秋の季語】松茸
  4. 【夏の季語】噴水
  5. 【新年の季語】松飾る
  6. 【秋の季語】虫籠/むしご
  7. 【冬の季語】冬河原(冬川原)
  8. 【夏の季語】サイダー

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】裸木
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  4. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】
  5. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  6. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  7. 【秋の季語】梨
  8. 【新年の季語】春の七種(七草)
  9. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  10. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  4. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  5. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  8. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  9. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  10. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
PAGE TOP