季語・歳時記

【春の季語】菜種梅雨

【春の季語=晩春(4月)】菜種梅雨

3月下旬から4月上旬にかけて「菜の花」が咲く時期に降り続く長雨のこと。


【菜種梅雨(上五)】
菜種梅雨いちにちさむくけぶるなり 長谷川素逝
菜種梅雨喉のどこかに魚の骨 宇多喜代子
菜種梅雨輪送船にも女にも 攝津幸彦

【菜種梅雨(中七)】

【菜種梅雨(下五)】
死へつづく病と思ふ菜種梅雨 古賀まり子
琴糸のどこか狂へり菜種梅雨 中村晋子
傘立は乱世のごとし菜種梅雨 笹本千賀子
赤本が捨てられてゐる菜種梅雨 斉藤志歩


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】愛の日
  2. 【新年の季語】初厨
  3. 【冬の季語】咳
  4. 【新年の季語】注連の内
  5. 【冬の季語】短日
  6. 【夏の季語】泰山木の花
  7. 【夏の季語】噴水
  8. 【夏の季語】金魚

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】着ぶくれ
  2. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  4. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  5. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  6. 【夏の季語】クーラー
  7. 【秋の季語】蕎麦の花
  8. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  9. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  10. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  2. 【春の季語】春泥
  3. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  4. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  5. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  6. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  7. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  8. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  9. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  10. 【冬の季語】蒲団(布団)
PAGE TOP