季語・歳時記

【春の季語】沙翁忌

【春の季語=晩春(4月)】沙翁忌/シェイクスピア忌

16~17世紀に活躍したイギリスの偉大な劇作家・ウィリアム・シェイクスピアの忌日のこと。「さおうき」または「しゃおうき」と読む。4月23日である。

「沙」は「沙比阿」などの略。「翁」は高齢の男の人の敬称である。俳句で「翁忌」といえば、松尾芭蕉の忌日をいうが、ほぼ同時代を生きた英国の劇作家をそれになぞらえて呼ぶ、あそび的な一面もある季語である。

坪内逍遥が全40冊からなる『沙翁傑作集』の第1編として「ハムレット」を世に出したのは、1909(明治42)年のこと。1911(明治44)年には、帝国劇場(帝劇)で初めて「ハムレット」完全上演がされた。オフィーリアを演じたのは、松井須磨子。

シェイクスピアは、1616年4月23日に没したとされている。死因は腐ったニシンから伝染した感染症とも。誕生日が4月23日であるという伝承が正しいならば、シェイクスピアの命日は誕生日と同じ日ということになる。


【沙翁忌/シェイクスピア忌(上五)】

【沙翁忌/シェイクスピア忌(中七)】
フェイク・フェイク・フェイクシェークスピアの忌なりけり 矢島渚男
(注「言葉言葉言葉」ハムレット)

【沙翁忌/シェイクスピア忌(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】聖菓
  2. 【冬の季語】梅探る
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 【冬の季語】歳晩
  5. 【冬の季語】春近し
  6. 【春の季語】春の夜
  7. 【春の季語】立春
  8. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

おすすめ記事

  1. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  2. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  4. 【秋の季語】八月
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  6. 数と俳句(二)/小滝肇
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  8. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  10. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】

Pickup記事

  1. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  3. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  4. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  5. 【秋の季語】新酒/今年酒
  6. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  7. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  8. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  9. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  10. 【冬の季語】冬蝶
PAGE TOP