季語・歳時記

【春の季語】沙翁忌

【春の季語=晩春(4月)】沙翁忌/シェイクスピア忌

16~17世紀に活躍したイギリスの偉大な劇作家・ウィリアム・シェイクスピアの忌日のこと。「さおうき」または「しゃおうき」と読む。4月23日である。

「沙」は「沙比阿」などの略。「翁」は高齢の男の人の敬称である。俳句で「翁忌」といえば、松尾芭蕉の忌日をいうが、ほぼ同時代を生きた英国の劇作家をそれになぞらえて呼ぶ、あそび的な一面もある季語である。

坪内逍遥が全40冊からなる『沙翁傑作集』の第1編として「ハムレット」を世に出したのは、1909(明治42)年のこと。1911(明治44)年には、帝国劇場(帝劇)で初めて「ハムレット」完全上演がされた。オフィーリアを演じたのは、松井須磨子。

シェイクスピアは、1616年4月23日に没したとされている。死因は腐ったニシンから伝染した感染症とも。誕生日が4月23日であるという伝承が正しいならば、シェイクスピアの命日は誕生日と同じ日ということになる。


【沙翁忌/シェイクスピア忌(上五)】

【沙翁忌/シェイクスピア忌(中七)】
フェイク・フェイク・フェイクシェークスピアの忌なりけり 矢島渚男
(注「言葉言葉言葉」ハムレット)

【沙翁忌/シェイクスピア忌(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】良夜
  2. 【新年の季語】小正月
  3. 【冬の季語】凍蝶
  4. 【冬の季語】蓮根掘る
  5. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  6. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  7. 【春の季語】二月尽
  8. 【秋の季語】草の花

おすすめ記事

  1. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  2. 【秋の季語】末枯る
  3. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  4. 【春の季語】春の灯
  5. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  6. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  7. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  8. 【春の季語】木の根明く
  9. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  10. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

Pickup記事

  1. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  2. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  4. 【冬の季語】手袋
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  6. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  8. 【冬の季語】寒夕焼
  9. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  10. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
PAGE TOP