季語・歳時記

【春の季語】菜の花

【春の季語=晩春(4月)】菜の花

【ミニ解説】

菜種油の原料となるアブラナの花です。

産地では春になると、一面が黄色の菜の花畑が現れます。

この風景は江戸時代からのもので、「菜の花や月は東に日は西に」(与謝蕪村)、「いちめんのなのはな/いちめんのなのはな/……」(山村暮鳥「純銀もざいく」)など、近代まで語り継がれる名作があります。

室生犀星にも次のような詩があります。

寂しき春

したたり止まぬ日のひかり
うつうつまはる水ぐるま
あをぞらに
越後の山も見ゆるぞ
さびしいぞ
一日いちにちもの言はず
野にいでてあゆめば
菜種のはなは波をつくりて
いまははや
しんにさびしいぞ


【菜の花(上五)】
菜の花や一輪咲きし松のもと 宗因
菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村 
菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規
菜の花や唐の詩人は詩にうとき 幸田露伴
菜の花といふ平凡を愛しけり 富安風生
菜の花のどこをくすぐったら光る 村井和一
菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子 
菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖 
菜の花や河原に足のやはらかき 田中裕明
菜の花やふはりと斧をふりおとす 冬野虹
菜の花や若き夫婦が夜に来る 南十二国
菜の花のとほくに見えてここも雨 今泉礼奈

【菜の花(中七)】
かさね着や菜の花かほる雨あがり 加舎白雄
べたべたに田も菜の花も照りみだる 水原秋櫻子
本を読む菜の花明り本にあり 山口青邨
抱けば君のなかに菜の花灯りけり 河原枇杷男
家々や菜の花色の燈をともし 木下夕爾
馬駆けて菜の花の黄を引伸ばす 澁谷道
わつわつと菜の花ばかり空ばかり 渡部ひとみ
半島のかたちに菜の花明かりかな 大石登世子
新妻として菜の花を茹でこぼす 神野紗希

【菜の花(下五)】
三輪山の裾ひろがりや菜の花に 瀧井孝作
ひと魂とひと繋がれり菜の花よ 後藤貴子

【菜の花(その他)】
菜の花のなか菜の花を摘む男 松本秀一
恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典 



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】雛飾る
  2. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  3. 【冬の季語】クリスマスツリー
  4. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  5. 【夏の季語】蝙蝠
  6. 【秋の季語】八月
  7. 【夏の季語】夏至
  8. 【春の季語】葱の花

おすすめ記事

  1. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  2. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  4. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  5. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  6. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  8. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男

Pickup記事

  1. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  2. 【#21】中国大連の猫
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  4. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  5. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  7. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  8. 【夏の季語】梅干(梅干し)
  9. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  10. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
PAGE TOP