冬の季語

【冬の季語】蕪

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】蕪

【ミニ解説】

「大根」や「人参」や「葱」と同様に、冬の季語となっている「蕪」。

カブは、春まきと秋まきの年に2回栽培が可能な野菜で、秋まきでは9月~11月に播種して11月~1月上旬まで収穫することができます。

甘みが増した冬のカブを味わうと、体もほっこり温まります。

三音で読ませたいときは「かぶら」。


【蕪(上五)】
蕪こそ肥えて美人に似たりけれ 松瀬青々

【蕪(中七)】
天王寺蕪も民を助くるなり  重頼
気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
墨をもてさらりと蕪画かれけり 長谷川櫂
聖護院蕪おほきな値札かな 高田正子

【蕪(下五)】
一息という刃をつかう蕪真白 宇多喜代子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】松落葉
  2. 【夏の季語】蓮
  3. 【秋の季語】檸檬
  4. 【冬の季語】冬籠
  5. 【春の季語】鴨帰る
  6. 【新年の季語】松納
  7. 【冬の季語】枯芝
  8. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花

おすすめ記事

  1. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  3. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  4. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  5. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  7. 【春の季語】春灯
  8. 【春の季語】夜桜
  9. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
  10. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】

Pickup記事

  1. 【新年の季語】初詣
  2. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  3. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  5. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  6. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  8. 【春の季語】春の泥
  9. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
PAGE TOP