冬の季語

【冬の季語】蕪

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】蕪

【ミニ解説】

「大根」や「人参」や「葱」と同様に、冬の季語となっている「蕪」。

カブは、春まきと秋まきの年に2回栽培が可能な野菜で、秋まきでは9月~11月に播種して11月~1月上旬まで収穫することができます。

甘みが増した冬のカブを味わうと、体もほっこり温まります。

三音で読ませたいときは「かぶら」。


【蕪(上五)】
蕪こそ肥えて美人に似たりけれ 松瀬青々

【蕪(中七)】
天王寺蕪も民を助くるなり  重頼
気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
墨をもてさらりと蕪画かれけり 長谷川櫂
聖護院蕪おほきな値札かな 高田正子

【蕪(下五)】
一息という刃をつかう蕪真白 宇多喜代子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】春七種(春七草)
  2. 【夏の季語】泉
  3. 【冬の季語】冬眠
  4. 【新年の季語】福寿草
  5. 【夏の季語】入梅
  6. 【冬の季語】襟巻
  7. 【冬の季語】八手咲く
  8. 【冬の季語】蓮枯る

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  2. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  3. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  4. 【冬の季語】凍る
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  6. 【夏の季語】梅雨明
  7. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  10. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  3. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  4. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  5. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  6. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  7. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  8. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  10. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
PAGE TOP