夏の季語

【夏の季語】夏座敷

【夏の季語=三夏(5〜7月)】夏座敷

主に日本家屋において、涼しさを求めて風通しをよくした座敷のこと。

夏になると、冬から春にかけて使われていた障子や襖を取り外したり、見た目にも涼しさが感じられるように「簾」を吊ったり、「蒲筵」を敷くなどして座敷を夏向きにしつらえる。

簾戸は簾をはめ込んだ建具のことで「夏障子」、「葭戸」、「葭障子」などとも呼ばれる。京町屋などでは季節の変わり目に「住まいの衣替え」とも言える「建具替え」を行なう習慣が残っている。

ただし、「冷房」が常用される現代においては実用的な涼しさというより、見た目の涼感を特に意識されることが多い。


【夏座敷(上五)】
夏座敷会取立る大工町 井原西鶴

【夏座敷(中七)】

【夏座敷(下五)】
茅舎の死ある夜ひとりの夏座敷 飯田龍太
在りし日のままの堆書の夏座敷 山田弘子
いづこにも生者ゐて喪の夏座敷 辻田克巳
菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ
さしあたり物の少なき夏座敷 岩田由美



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】十三夜
  2. 【新年の季語】春七種(春七草)
  3. 【夏の季語】鮎
  4. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  5. 【秋の季語】秋薔薇
  6. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  7. 【春の季語】屋根替
  8. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  2. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  3. 雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草【季語=雁帰る(春)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  5. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  6. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  7. 【秋の季語】秋風
  8. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  10. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. 【春の季語】春の野
  3. 【#24】愛媛の興居島
  4. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  5. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  6. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  9. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  10. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
PAGE TOP