季語・歳時記

【秋の季語】新蕎麦

【秋の季語=晩秋(10月)】新蕎麦

一般に、「新蕎麦」には夏と秋の2種類があります。

春に種蒔き、夏に収穫したものは「夏新」、夏に種蒔き、秋に収穫したものが「秋新」。俳句でいう「新蕎麦」は「秋新」にあたります。

産地によって少しずつベストとなる収穫時期が違うものの、おおむね蕎麦の収穫時期は、10月から11月にかけて。とくに江戸っ子は、一日も早く初物を味わうことにこだわったので、完全に熟していない蕎麦の野生味を味わうことを「新蕎麦」という秋の季語で呼び習わしてきた経緯がありました。

現在では、収穫したばかりの(きちんと熟した)蕎麦の実でつくったそばを「新蕎麦」と呼ぶことが一般的。夏の太陽をたっぷりと浴びて育った新そばは、色も香りも喉越しもフレッシュ。

季語としては「走り蕎麦」「今年蕎麦」などと五音で呼ぶこともあり。

「蕎麦の花」「蕎麦刈」も同様に、秋の季語となっています。


【新蕎麦(上五)】

新蕎麦やむぐらの宿の根来椀 蕪村
新蕎麦を待ちて湯滝にうたれをり 水原秋櫻子
新蕎麦を待つに御岳の雨となる 宇咲冬男
新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行
新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦

【新蕎麦(中七)】

【新蕎麦(下五)】



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】バナナ
  2. 【秋の季語】花野/大花野
  3. 【夏の季語】出梅
  4. 【夏の季語】緑蔭
  5. 【冬の季語】蓮根掘る
  6. 【春の季語】愛の日
  7. 【冬の季語】聖夜劇
  8. 【新年の季語】松七日

おすすめ記事

  1. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  2. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  3. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  4. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  6. 【春の季語】芹
  7. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  8. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  9. 萩に雨こんな日もなければ困る 中原道夫【季語=萩(秋)】
  10. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 

Pickup記事

  1. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【予告】
  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  3. 【新年の季語】繭玉
  4. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志
  6. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  7. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  8. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  9. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  10. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
PAGE TOP