季語・歳時記

【春の季語】白椿

【春の季語=三春(2月〜4月)】白椿

白い「椿」である。


【白椿(上五)】
白椿昨日の旅の遥かなる 中村汀女
白椿名刀の冷え思ふべし 西村和子
白椿白痴ひうひう研究せり 攝津幸彦
白椿いつか日向に落ちてゐし 金原知典
白椿あなたあなたと話しかけ 西村麒麟

【白椿(中七)】
赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐
狂うなら今と白椿が囃す 大西泰世

【白椿(下五)】

【ほかの季語と】
モノレールより春蘭と白椿 沢木欣一


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】探梅
  2. 【冬の季語】白息
  3. 【新年の季語】歌留多会
  4. 【新年の季語】去年今年
  5. 【新年の季語】小正月
  6. 【冬の季語】冬木
  7. 【冬の季語】冬滝
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  2. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  3. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  4. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  5. 【冬の季語】忘年
  6. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  7. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  8. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  10. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

Pickup記事

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  2. 【春の季語】薄氷
  3. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  4. 【冬の季語】大年
  5. 【冬の季語】小六月
  6. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  9. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  10. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
PAGE TOP