季語・歳時記

【春の季語】落椿

【春の季語=三春(2月〜4月)】落椿

春先、つやつやした肉厚の葉の中に花を咲かせる「椿」が、花びらごと散らずに、一花まるごと、ぽとりと地面に落ちること。または、その落ちた椿のことをいう。

冬の季語である「山茶花」は、椿と似ているが、花びらが一枚いちまい散る。

椿が落ちる句といえば、何といっても、〈赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐〉が有名である。


【落椿(上五)】
落椿夜は首を持ちあげて 柿本多映
落椿われならば急流へ落つ 鷹羽狩行
落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子
落椿地(つち)の起伏のあきらかに 広渡敬雄
落椿蛸這ひ上る崖といふ  加田由美
落椿溶けつつ土と別の笑ひ 関悦史
落椿肉の限りを尽くしたる 曾根毅

【落椿(中七)】
もう空は見ぬ落椿ばかりなり 今瀬剛一
雨恋し恋しと落椿腐る 近恵

【落椿(下五)】
きさらぎの手の鳴る方や落椿 橋閒石
それきりのあとさきもなき落椿 加倉井秋を
千年を咲き千年の落椿 大石悦子
待つといふ時は流れず落椿 西宮舞
海光や蕊まつすぐに落椿 神戸由紀子

【その他の季語と】
かたまれる蝌蚪の真中へ落椿 原石鼎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃絵図
  2. 【秋の季語】赤い羽根
  3. 【冬の季語】短日
  4. 【春の季語】春泥
  5. 【冬の季語】寒さ
  6. 【新年の季語】松飾
  7. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  8. 【夏の季語】噴水

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】水仙
  2. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  3. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  4. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  5. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  6. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  7. 【春の季語】春の月
  8. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  9. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  10. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】

Pickup記事

  1. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  3. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  4. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  5. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  6. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  7. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  8. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
PAGE TOP