季語・歳時記

【春の季語】椿

【春の季語=三春(2月〜4月)】椿

春先、つやつやした肉厚の葉の中に真紅の花を咲かせる。「白椿」もある。

落ちた椿は「落椿」。


【椿(上五)】
赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐
椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
疎に椿咲かせて昏き木なりけり 岡田一実

【椿(中七)】
ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に 高浜虚子
いま一つ椿落ちなば立去らん 松本たかし
辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子
母の額椿落ちなばひび入らむ 八田木枯
血の足らぬ日なり椿を見に行かむ 篠崎央子
うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳
掃く人の椿壊してしまひけり 中西亮太

【椿(下五)】
暗闇に水の湧きゐる椿かな 長谷川櫂

【その他の季語と】
来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子

【自由律】
笠へぽつとり椿だつた 種田山頭火


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】風鈴
  2. 【冬の季語】兎
  3. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  4. 【冬の季語】節分会
  5. 【春の季語】卒業
  6. 【夏の季語】南天の花
  7. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  8. 【春の季語】蜃気楼

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  3. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  4. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  5. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  7. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  8. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  9. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  10. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】

Pickup記事

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  2. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  3. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  4. 【春の季語】春の夢
  5. クリームパンにクリームぎつしり雲の峰 江渡華子【季語=雲の峰(夏)】
  6. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  7. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  8. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  9. 【春の季語】春野
  10. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP