季語・歳時記

【春の季語】椿

【春の季語=三春(2月〜4月)】椿

春先、つやつやした肉厚の葉の中に真紅の花を咲かせる。「白椿」もある。

落ちた椿は「落椿」。


【椿(上五)】
赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐
椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
疎に椿咲かせて昏き木なりけり 岡田一実

【椿(中七)】
ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に 高浜虚子
いま一つ椿落ちなば立去らん 松本たかし
辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子
母の額椿落ちなばひび入らむ 八田木枯
血の足らぬ日なり椿を見に行かむ 篠崎央子
うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳
掃く人の椿壊してしまひけり 中西亮太

【椿(下五)】
暗闇に水の湧きゐる椿かな 長谷川櫂

【その他の季語と】
来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子

【自由律】
笠へぽつとり椿だつた 種田山頭火


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【春の季語】春泥
  3. 【冬の季語】手袋
  4. 【春の季語】初音
  5. 【秋の季語】秋薔薇
  6. 【春の季語】早春
  7. 【春の季語】椿寿忌
  8. 【冬の季語】寒さ

おすすめ記事

  1. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 【#21】中国大連の猫
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  5. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  6. 【夏の季語】百合
  7. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  9. 秋櫻子の足あと【第11回】谷岡健彦
  10. 【冬の季語】八手咲く

Pickup記事

  1. 【秋の季語】銀漢
  2. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  3. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  4. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  5. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  6. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  7. 【春の季語】朧夜
  8. 【春の季語】落椿
  9. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  10. 【冬の季語】寒晴
PAGE TOP