季語・歳時記

【秋の季語】後の月

【秋の季語=晩秋(10月)】後の月

【解説】

旧暦7月15日の満月は「盆の月」、旧暦8月15日の満月は「名月」。

旧暦9月15日の満月は「後の月」ということになります。いよいよ晩秋という趣。

【関連季語】名月、月、芋、枝豆、星月夜など。


【後の月(上五)】
後の月須磨から連れに後れけり 井上井月
後の月つくねんとして庵にあり 正岡子規
後の月五臓六腑をおし照らす 三橋鷹女
後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城
後の月きのふの如く虚子語り 山田弘子

【後の月(中七)】

【後の月(下五)】
木曾の痩せもまだなほらぬに後の月 松尾芭蕉
そら鞘の闇残りけり後の月 横井也有
稲懸けて里しづかなり後の月 大島蓼太
うかれ女や言葉のはしに後の月  炭太祇
水涸れて池のひづみや後の月 与謝蕪村

下戸同士団子はどうぢや後の月 尾崎紅葉
三人は淋し過ぎたり後の月 高浜虚子
うすらげる靄の中より後の月 鈴木花蓑
橋の上に猫ゐて淋し後の月 村上鬼城
湯ざめして君のくさめや後の月 日野草城
目つむれば蔵王権現後の月 阿波野青畝
串魚のすがたの寂びや後の月 水原秋櫻子
水ならぬ水にしたしむ後の月 上田五千石
客去りて洗ふ小鉢や後の月 鈴木真砂女
寝巻には筒袖ありて後の月 能村登四郎
補陀落の海まつくらや後の月 鷲谷七菜子
奪衣婆の足投げ出して後の月 有馬朗人
円空仏生家に並ぶ後の月 柿本多映
江の島はくぢらの形後の月 佐々木健成



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】成人の日
  2. 【秋の季語】十三夜
  3. 【春の季語】浜下り
  4. 【冬の季語】冬薔薇
  5. 【冬の季語】八手の花
  6. 【秋の季語】星月夜
  7. 【夏の季語】夏木立
  8. 【新年の季語】歌留多

おすすめ記事

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  4. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  5. 【新年の季語】田遊
  6. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  8. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  9. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  10. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】冷房
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  4. 【冬の季語】年忘れ
  5. 【春の季語】沙翁忌
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  7. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  8. 【夏の季語】水着
  9. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  10. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
PAGE TOP